AGAの治療方法は大きく分けて『投薬治療』と『メソセラピー』 の2つ!

いざAGA治療をしようと思っても、『AGA治療や植毛は何が違うの?』など、治療方法が多すぎて実際にどういう治療が行われるのかがわかりにくいんですよね。

ですが安心してください。AGAのほとんどのケースで『投薬治療』のみで治療が完結します。

はじめに投薬治療についてご紹介してみたいと思います。

投薬治療とは

その名の通り、薬を処方してもらえます。

『いやネットで買えるし・・・』と思ったあなた、鋭いです。ですがAGA治療における投薬治療は、インターネットで手に入るそれとは、少し、いやかなり違うのです。

かんたんに育毛剤を分類してみましょう。

  • ①ドラッグストアで簡単に手に入るタイプ
  • ②インターネットでしか手に入らないタイプ
  • ③医療機関でしか手に入らないタイプ

大きくこの3つです。

①ドラッグストアで簡単に手に入るタイプ

カロヤンガッシュやバイタルチャージ、それにアデノゲンなどの商品をマツキヨで見かけた方も多いと思います。

ところが、これらの製品には毛を生やす育毛薬の王様、すなわちミノキシジルとフィナステリドが入っていないのです。

端的に言ってしまうと、薄毛を止めることはおろか、毛を太くすることも不可能なのです。

ではこれらには何の意味もないかといわれると、そういうわけでもありません。生薬やメントール成分が多く入っているため、フケやかゆみを抑えたりすることができます。

その程度のものです。

また1本あたり2,500円から、高いものだと1万円近くするものもあり、長く使い続けていこうと思うと結構な額になってしまいます。

使っていたことのある方はご存じだと思いますが、頭がスカッとするくらいで、薄毛には本当に何の効果もないんですよね。なので、『髪の毛を生やしたい』という目的は果たせそうにありませんね。

②インターネットでしか手に入らないタイプ

チャップアップやブブカなどが有名です。

これらも①と仕組みは同じで、肝心のミノキシジルとフィナステリドが入っていないため、毛を太く生やすことはできません。

無駄とは言いませんが、育毛剤にさんざん投資してきている私に言わせれば、ミノキシジルかフィナステリドが入っていることは、もはや大前提なのです。

③医療機関でしか手に入らないタイプ

何度も登場してきたミノキシジルとフィナステリドですが、AGA専門のクリニックにいけば処方してもらえます。

ミノキシジルとフィナステリドは、仕組みは違えど、毛を生やすことのできる唯一の薬品たちです。生薬やメントールをいくら塗りたぐっても、毛は生えないわけですね。(スッキリはしますけどねw)

例えば、ドラッグストアでも風邪薬は売っていますが、病院で処方してもらえる薬と比べると、月とスッポンですよね。AGAもこれと同じで、きちんと医療機関でもらえる薬を使うと、驚くほど毛が生えてきます。

AGAのタイプを検査する必要がある

AGAには実はいくつものタイプがあります。

ミノキシジルとフィナステリドも、AGAのタイプによって効果に違いが出てきます。よくネットサーフィンしていると、『プロペシア(フィナステリドの別名)を使ってたら、頭頂部は回復したけど生え際がハゲ上がってしまった』などの苦情を発見することがあります。

AGAのタイプと薬が合っていないため、こういうトラブルが発生してしまったわけですね。

他にもザガーロやファイザー、それに各クリニックの独自の内服薬などもたくさんの治療薬があります。

どれが特に効果的なのかを調べることが、AGA治療の最初の一歩としてとても大切なのです。AGAクリニックでの治療は、検査結果と照らし合わせながら、薬の選択をメインに進めていくことになります。

投薬治療では、一ヶ月あたり4,000円程度〜治療が受けられる

およそ半年で99%以上の人が発毛するほどの投薬治療ですが、一ヶ月あたり4,000円程度から処方を受けることができます。

気に入ったところまで回復したら治療を辞める人も多く、そういう意味ではダイエットに似ています。

AGAという体質は変えることは難しいですが、いざという時ちゃんと回復する手段を持っているというのはとても心強いですよ。

メソセラピーとは

育毛剤には『飲む』『塗る』の他に、『注入する』というものがある

通常塗るタイプの育毛剤は頭皮に付着してからどんどん浸透していくのですが、その有効成分のほとんどが汗と一緒に流れてしまってしまいます。どれだけ効果の高い育毛剤であっても、ほとんど吸収されずに終わってしまっては意味がありません。

一方、飲むタイプの育毛剤の場合、胃や腸で吸収されてから、肝心の頭皮に栄養が行き渡るのに、長い時間がかかります。

即効性がなく副作用のある『飲むタイプ』と、即効性はあっても効果の薄い『塗るタイプ』の育毛剤。一長一短ですね。

ところが、飲む・塗るタイプに加え、最近では『注入する』という方法がとても流行ってきています。

大御所ではAGAスキンクリニックルネッサンスクリニックなどでも受けることができ、育毛メソセラピーなどと呼ばれている方法で、高い効果のある薬を、頭皮の下に直接注入し、薬成分を頭皮下に『封じ込める』方法です。

とても高い効果が確認されており、取り入れていっているクリニックの数もうなぎのぼりです。この育毛メソセラピーは、シャンプーをしても流れていきませんし、内服薬とは違って他の体の部位への影響は最小限です。

痛みもほとんど無く、植毛のような手術も必要とせずに、人によっては植毛と同等の効果を発揮するわけですから、現代のAGA治療ではこの手法はたいへん重宝されています。

一回あたり5万円~7万円

さすがに高いですね。

ですが、それほどまでに効果があるんです。

個人的にオススメしたいのは、投薬治療を受けて『どれだけ回復するのか』という実感を持つことができたら、そこから一気にメソセラピーで治療を加速させる、という方法です。

メソセラピーは投薬治療よりもはるかに高い効果があるので、たった数回の治療で満足のいくラインまで到達する人もいます。

洗面所の鏡の前でウジウジ悩んでいる暇があったら、さっっさとAGAの病院に行きましょー!

鏡の前でひたすら悩んでいても何も変わらないのがAGA。ハゲが治らないと思い込んでいる間は、誰だってそうなります。

ですが、病院にいけばハゲは治ります。それに最後の手段『自毛植毛』をすれば、間違いなく元通り髪の毛を生やすことができます。

AGA治療はたった3ヶ月で効果を実感することができるので、遂にハゲない方法を得た、救われた!となるのは間違いないです。

AGAの病院おすすめランキング
AGAかんたんチェック

この図の中に赤い線が2本あります。左の赤線は生え際の”一番カド”です。右の赤線は、耳の穴(耳孔)です。そして2本の赤線の...

AGAは、早く対処をすれば必ず治ります。
でも気づかないフリをしていると、AGAは必ずあなたをハゲにします・・・