自毛植毛で失敗というより後悔する典型的な3パターンを考察してみた

2018年5月9日

自毛植毛と聞くと、ほとんどの人がとても大掛かりな手術を想像してしまいがちですが、その効果があまりに絶大なため、失敗のリスクについてはあまり語られません。

そこで自毛植毛のデメリットや失敗するケース、そして受けるべきでないケースについて多方面から徹底的に考察してみました。

まずは自毛植毛がどれだけ凄まじいものなかをご紹介します。

成功例

ご覧いただけましたか。

私ははじめてこれを見た時、正直に嘘だと思いました。画像加工ソフトでいじったか、そうでないならよく似た別人の写真を使っているのだと思いました。

なぜそこまで疑い深く感じたかというと、私はかつて、植毛技術が未発達の時代に手術を受けて、満足のいく効果が得られなかったからです。

失敗したというわけではありませんが、上の写真ほどの高密度にはならなかったのです。

私の場合、前頭部に加え、頭頂部とつむじ付近に植毛したのですが、陰毛のように毛が縮れたり切れやすかったりして、そもそも質感が他の頭髪とは全然違いました。

10年以上も前の技術では、生え際の密度がスカスカで、とても前髪をかきあげられるような状態にはならなかったのです。

なんというか、ブラマヨの小杉さんっぽい感じになってしまったと言えばいいのでしょうか。失敗したんじゃない?と言われても否定できません。

そういう過去もあり、さきほどの写真を見たときは目を疑いました。まるで元々そこに自然に生えていたかのように見えます。

最近の自毛植毛は、見えるような傷跡が残らないため、美容室や理髪店でも気づかれないレベル

自毛植毛の仕組み

私が受けた頃は、後頭部にメスを入れて細ながーく皮膚を切除する方法だったのですが、今の植毛はメスすら使いません。

この技術はFUE法と呼ばれており、後頭部から毛包を一つ一つピンポイントで抜き取り(もちろん特殊な器具を使ってです)、そのまま植えたい箇所に植える、という方法です。

メスでちまちま切っていた方法に比べてとてもスマートな方法だと思いませんか?

メスで切らないので、手術の翌日から仕事ができるほど体への負担も少ないです。

自毛植毛の良さを私なりに表現するなら、それは『確実にハゲの問題を解決できる唯一の方法』ということです。

どんなに効果の高い育毛剤であっても、自毛植毛のレベルに到達することは絶対に有り得ないのです。

M字の生え際や、前頭部には植毛はもってこい

さきほどの写真もそうですが、現代の植毛技術をもってすれば、『生まれつきの生え際すら書き換える』ほどの仕上がりを期待できます。

これが何を意味するかというと、生まれつきおでこが広い人にも向いているということです。美容整形の業界でも、生え際のラインを変えることはできませんでしたから、これはとてつもなくスゴイことだと言えます。

特にAGAと無縁の女性の場合は、生え際のラインを気にされる方が多いのですが、自毛植毛はもってこいですね。

優秀なクリニックでは、密度だけでなく、ネイプヘアと呼ばれるうなじの生え際の細い毛を使って、とても自然で綺麗な生え際を実現してくれます。

自毛植毛の費用は?

1グラフト(2、3本の毛の塊)の移植で1,200円~2,000円が相場です。

グラフトと言われてもよくわかりにくいですよね。

例えば、軽度なM字型のハゲの植毛で、最低でも100万円かかる計算になります。

頭頂部の薄毛の場合は200万~400万円程度かかります。

韓国やタイなどではもう少し安く施術を受けることができますが、それでも上記の八割程度の金額になります。

自毛植毛のメリットは?

なんと言っても、一度で自毛植毛ほどハッキリした効果を得られる方法は他にありません。

なんと元々毛の生えていなかった場所ですら植毛することができます。

例えば生まれつきおでこが広い方にはピッタリです。

生まれつき毛が生えていなかった場所には、どれだけ育毛剤を塗りたくっても毛は生えてきませんからね。

では、人による向き不向きやデメリットはないのでしょうか。

それを解説していきたいと思います。

自毛植毛のデメリットは?

AGAの人が自毛植毛する場合は要注意

自毛植毛を受ければ、植えた範囲で95パーセント以上の確率で毛が生えます。

ですがAGAは体質なので、植えた毛を含め、将来的に脱毛が起こります。

つまり、AGAの人が自毛植毛を受ける場合、将来にわたって何度も受け続けなければならない可能性が高いのです。

自毛というのは魅力的ですが、金額は相当高いですし、メンテナンスをし続けなければならないという点では、カツラや増毛などと変わらないような気がしますよね。

有名なサッカー選手のルーニー選手や岡崎選手、またISSAさんなどは、植毛をしていることはほぼ間違いないと思いますが、私の見立てだと彼らは植毛以外にもかなりのケアをしてあの状態を維持しているのだと思います。

一筋縄ではいかないということですね。

自毛植毛で植えた毛の密度は低い

本来の髪の密度に比べて、自毛植毛で植えた箇所の密度は必ず低くなります。

これは自毛植毛の定着率が90%程度という、いわゆる技術的な限界があるためですね。

生え際などは特に密度が少ないと目立ってしまいます。

なので、2回、3回と重ねて自毛植毛手術を受けることで密度を高めるのが一般的です。

手術後、上が箇所が真っ赤のブツブツになる

グロ画像になるので控えますが、自毛植毛を受けた直後から1ヶ月くらいの間は、患部が真っ赤のブツブツ状態になります。

自分の髪で隠せるなら良いのですが、ほとんどの方が隠しきれず、会社や学校を長期で休んだり、人によっては転職の間のタイミングを上手く狙って手術を受けているようですね。

この期間は外に出る時もニット帽をかぶらないといけません。

こういう人は向いてない①
全体的に薄い人

全体的に薄い人が自毛植毛をする場合、比較的高額になってしまいます。

具体的には、200万円~400万円程度かかると思って下さい。

意外にもM字の修正をするよりも、圧倒的に本数が必要なのです。

実は全体的に薄い人は、自毛植毛以外の方法爆発的に改善できる場合があるので、自毛植毛は最終手段として残しておいて、まずは他の改善方法を検討するのがオススメです!

プロペシア(AGAの原因である5αリダクターゼという酵素を阻害する薬)も全体的に薄い人には効果があります。M字型にはあまり効果が無いのですが。

こういう人には向いてない②
未成年や、一時的に脱毛症状にある人

AGAによる薄毛ではなく、一時的なストレスなどで脱毛症状が出ているだけのケースも考えられます。

もし放置しておけば治ったのに、植毛というゴリゴリの外科手術をしてしまったのでは本末転倒です。

問題は、それが一時的なのかどうかを見分けるのは至難の業というところでしょう。

薄毛のコンプレックスは、数あるコンプレックスの中でも最強クラスに精神的ダメージを与えるので、冷静に判断しにくい部分でもあります。

ただ、AGAによる薄毛であれば植毛は可能ですので、その場合は植毛を検討するのが良いと思います。

こういう人には向いてない③
すでに毛髪の大部分を失っている人

このケースの人も、自毛植毛は思いとどまった方が良いかもしれません。

大部分の植毛はコストと身体的な負荷が大きいだけでなく、イメージ通りの満足度が得られることは難しいからです。

後頭部の毛を移植するので、植毛できる量には必然的に限界値があります。そこで、全体的に植毛する場合には、上手く”分散”しながら手術を行うわけですが、これによってスカスカ感が出てしまうわけです。

植毛を受けるにしても、育毛剤や生活習慣の改善である程度回復させておくのがポイント

生活習慣の改善なんてほんとど何の役にも立たないんじゃ?と思っている人が大多数だと思います。

何せ、ハゲない人はどれだけ荒れた生活をしてもハゲませんからね。

  • ①シャンプーのとき強く洗いすぎない
  • ②禁煙・禁酒
  • ③オナ禁
  • ④頭部をあまり冷やさない
  • ⑤大豆などの植物性のタンパク質を摂取する
  • ⑥ストレスを溜めすぎない
  • ⑦適度な運動
  • ⑧頭皮運動

こういうやつですね。

でもちょっと待ってください。

⑧の頭皮運動ってご存知ですか?

手を使った頭皮マッサージではありません。

文字通り、頭皮に運動をさせる方法で、海外では知名度が上がってきていますが、(Tom Hagerty “Hair Loss Is Reversible”)、何故か日本ではほとんど語られませんが、信じられないほど効果があります。

頭皮運動の方法

眉毛を上下に思いっきり動かしてみて下さい。眉毛の動きにつられて、少し頭皮が動くのを感じられるかと思います。

これだけ。

ただ、とにかくやり続けることが大事。

信じられないかもしれませんが、サボらずに思いっきり3日くらいやると、今まではラーメン屋の床のようなギトギト頭皮だった人でも、信じられないほどサラッとしていることに気づくと思います。

あと頭皮の痒みが消えます。

育毛剤を併用しながら頭皮運動を繰り返すことで、気づけばM字になっていた生え際のラインが側頭部から埋まるように生えてきたのです。

頭皮運動で頭皮がとってもスッキリし、育毛剤に含まれる栄養を爆発的に吸収できるようになる

有名なイクオスフィンジアなどには、本来数え切れないほどたくさんの栄養素が含まれています。

しかし、ただ育毛剤を塗るだけでは、汗と一緒に流れていってしまうのがほとんどです。

AGAの人は、たいてい頭皮環境が悪いので、ほとんど吸収されません。頭皮下の老廃物(ジヒドロテストステロン)が溜まっていて、しかも代謝されない状態ですね。

そこで頭皮運動です。

忘れずに毎日眉毛を上下に動かし続けてみてください。

頭皮が健康な状態に戻ってくるのを感じることができます。

具体的には、

  • 脂っこい頭皮が、サラッとした状態になる
  • 赤みがかっていた頭皮が健康的な白い肌の色になる
  • しつこい頭皮のカユミが激減する

こういう状態になればしめたものです。

これでやっと育毛剤を吸収できる土台が完成したと考えていいでしょう。

しかも、オイシイのが、この状態になると、髪の毛が少なくても今より薄毛に見えにくくなるんです。

なぜなら、ハゲに見える大きな要因として、頭皮が脂ぎっていたりすることで光沢が出てしまうことが挙げられますが、頭皮運動をすることで頭皮の色と質感が正常に近づくからですね。それほど『髪の毛それ自体』よりも『頭皮そのもの』が視覚に与える影響は大きいのです。

それほど頭皮運動には強い効果があります。

頭皮マッサージなんかと一緒にしないでください。笑

植毛をしたとして、いずれまた抜け始めてしまっては本末転倒。AGAによる脱毛を防ぐ手段を、頭皮運動で確立しましょう

プロペシアもAGAを阻害することができますが、抑うつや性欲減退などの副作用と一生付き合っていかなければならないのは、相当なコストです。

大事なことは、副作用がなく一生付き合っていける方法で、なおかつAGAをストップさせてしまえる方法を確立することです。

『生やす』前に、『これ以上進行しない』状態に志向をシフトさせましょう。

『これ以上進行しない』状態さえできてしまえば、自毛植毛が最高の選択肢に変わるでしょう。

頭皮運動 + フィンジアが最強

たとえば、有名な育毛剤フィンジアにはカプサイシンという唐辛子由来の成分と、さらにミノキシジルの3倍の発毛効果があるキャピキシルが含まれています。

僕の場合、頭皮運動をやりながらフィンジアを併用していたのですが、これがハマりました。

頭皮を常に運動させているので、とにかく頭皮が汗をかきやすくなり、そこにフィンジアを使うと、フィンジアの成分が乾いた砂に雨が染み込むように頭皮に浸透してくるようなイメージとでもいえばいいのでしょうか。

とにかく、頭皮運動なしで育毛剤を塗っていた時期とは比べようもないほどの効果があったのですね。

しかも家でこっそりできる。

僕は仕事柄車で移動することが多いのですが、ルームミラーを見てはいつも意識して頭皮を思いっきり前後にグラインドさせてます。

フィンジアを公式サイトで見る

育毛剤選びも大事

確かに頭皮運動は、その名前の平凡さからは想像もできないパワーがありますが(もちろんちゃんとやり続けた場合ですが)、それでもどんな栄養を頭皮に届けるかによって効果は大きく代わってきます。

僕にフィンジアがピッタリハマったのと同じように、みんなにフィンジアが効果があるとは思いません。

なので、育毛剤のどの成分が自分にピッタリなのかを知ることがとても重要です。

当サイトでも数多くの育毛剤を吟味し、成分ごとに特性を比較していますので、是非参考にしてみて下さい😉

AGAかんたんチェック

ひと目でわかるAGA まずは以下の図をご覧下さい。 この図の中に赤い線が2本あります。 左の赤線は...

https://www.vaga.info/check-aga

AGAは、早く対処をすれば必ず治ります。
でも気づかないフリをしていると、AGAは必ずあなたをハゲにします・・・