生え際の後退を回復させるおすすめの方法6選ランキング|自宅でできる方法も

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

男性の場合、AGAの影響をもろに受けるのが生え際です。

どんどん後退していく人もいれば、全体的に薄くなっていく人など、様々です。

生え際が薄くなると、前髪をセットするのがとてつもなく難しくなる

頭頂部や全体的に薄い人の場合は、全体のボリュームが少なくなるだけで、髪型の形自体はキープしやすいです。

一方で、生え際が薄い人の場合、前髪のセットがとてつもなく難しくなっていくんですよね。

前髪の位置が決めにくくなるので、分けるのか、下ろすのか、それとも潔く上げるのか、まずはここから考え始めなくてはいけません。

いざ髪型を決めたあとは、ワックスを使ったりしてできるだけ一日中前髪の形が変わらないように”キープ”する必要があります。

ただ、会社や学校で日常を送っている限り、屋外で急な雨に振られたり、はたまた東京などでは時折強い突風が吹くことがありますから、そのたびに前髪を気にしなくてはなりません。

私はこの風に吹かれる、というのがとてつもなく嫌いだったので、風吹く方向に器用に首を動かしては、出来る限り髪型が変わらないように行動していたりしたこともあります。笑

しかも、AGAによって生え際が薄くなり始めると、一定のラインでとどまることは珍しく、どんどん進行していきますから、私の場合は1年後、10年後の髪型を想像しながら、恐ろしさのあまり膝がガタガタと震えることもありました。

自分の毛髪の状態は、他人と比較できない

他人どころか、過去の自分と照らし合わせるしか手がないのも辛いところです。

特に、生え際のラインが進行していくのはAGAの影響を受ける男性だけなので、女性にはなかなか理解されない悩みです。

女性が多い美容院にもなかなか足が向かなくなってくるんですよね。

生え際の薄毛の究極の原因とは?

酵素5αリダクターゼによるものがほぼ全てといっていい

前髪、特に生え際の薄毛の原因は、酵素5αリダクターゼによるものです。

よく勘違いされていますが、男性ホルモンが悪さをしているというのは間違いです。

男性ホルモン自体は誰にでも存在しているからです。

そうではなく、5αリダクターゼという酵素が人によって有ったり無かったりするのです。ハゲは遺伝すると言いますが、まさに5αリダクターゼの量こそが遺伝しているのですね。

5αリダクターゼが男性ホルモンのテストステロンと結びつくことで、AGAが発症します。(DHT ジヒドロテストステロンという物質に変わる ややこしいですね汗)

要するに、

5αリダクターゼ + テストステロン = AGAになりやすい!

ということです。

生え際の発毛を阻害しているのは、5αリダクターゼ

つまるところ、

  • この5αリダクターゼをいかに減らすか
  • あるいは5αリダクターゼをテストステロンを結びつかせないようにするか

この生え際の対策をするなら、このどちらかの方法をとる必要があります。

おまちかね、生え際を復活させるおすすめの方法ランキング6選!

実際に生え際のラインの攻防戦に入ってしまったら、お金をかけるかどうか、また自分が何歳までハゲと戦っていくのか、妥協できるポイントはどこか・・・など、たくさんのことを比較しながら考えていかなくてはなりません。

現代で可能な選択肢をしっかり比較しながら、おすすめの方法をご紹介していきたいと思います。

🌟番外🌟『ヘアコンタクトなどの、いわゆる増毛』

おすすめ度
0.1点 / 5点

名前は出しませんが、頭皮に人工毛を貼り付けたり、地毛に編み込んだりして髪の毛のボリュームを増やす、例のアレです。

人工毛とはいえ、たった一日の施術で理想通りに前髪を作ることができるので一瞬迷ってしまうかもしれませんが、やめましょう。笑

ボリュームを出すために地毛に人工毛を編み込むことで、地毛に大きな負荷がかかり、最終的に薄毛の進行を早めてしまうことが報告されています。

しかも、地毛は伸びても人工毛は伸びないので、メンテナンスのために月に何度もサロンに通わなくてはなりません。そしてそのうちに増毛でも追いつかなく地毛が薄くなったところを狙って、当初は抵抗のあったカツラに誘導するのが、大まかなビジネスモデルといえるでしょう。

この手法が通用するのは、たった一日だけハゲでないように欺きたい場合のみでしょう。

🌟第5位🌟『再生医療』

おすすめ度
1.5点 / 5点

さらに再生医療と聞いて、いやまだないでしょ!とお思いかもしれませんが、実はもうあるんです。

注入する栄養素の中に、再生医療で利用されている幹細胞を使うことで、わずかですが毛根が死んでしまったところからであっても髪の毛を生やすことができます。

植毛のような手術を必要とせずに、効果の高い治療をすることができますので、ある意味現代社会で最も進んだ治療方法といえるでしょう。

また一回当たり数万円かかるので、費用的には微妙なラインですが、個人差があるものの人によってはたった数回で満足のいく結果が出ています。

ただ、やはりずっと病院に通い続けないといけないというのは、精神的に辛いものがあります。

🌟第4位🌟『ミノキシジル』

おすすめ度
2.3点 / 5点

聞いたことがある方も多いと思いますが、ミノキシジルは血管拡張作用の薬を開発していたところ、偶然にも患者に発毛作用がみられたため、その副作用を狙って商品化されたという経緯があります。

もともとAGAや薄毛になりやすい人というのは、頭皮の毛細血管が非常に細くなっており、血液が行き渡りにくくなっています。

ミノキシジルには血管を拡張する作用がありますので、頭皮の血管を拡張してくれ、結果的に発毛作用が起こる、というものです。

商品名でいうと、ロゲインやリアップ、ミノキシジルタブレットなどがあります。

ところが、ミノキシジルは生え際への発毛効果はとても弱く、実際にボーボーと生えてくるということは考えにくいのが実情です。

ただ生え際であっても、すでに生えている弱った毛髪を強くすることに関しては、ミノキシジルは強い効果を発揮してくれると思います。

注意しておきたいのは、ミノキシジルの服用による死亡者が出ているということです。血管を無理やり拡張する作用があるため、心臓への影響が強く、また頭痛や手足のしびれなどの重大な副作用も報告されています。

🌟第3位🌟『メソセラピー』

おすすめ度
2.8点 / 5点

育毛メソセラピーやスマートメソなど、呼ばれ方は様々なんですが、簡単に説明しますと、頭皮の下に直接栄養素を注入することで発毛を促す方法のことです。

通常、塗るタイプの育毛剤を頭皮に塗布しますが、そのほとんどが吸収されずに流されていきますので、成分そのものがどれだけ発毛効果があっても、無駄が多いのです。

メソセラピーはそういったデメリットがなく、頭皮の下に逃げられないように効果の高い薬を封じ込めますので、人によっては植毛と同等の効果を得られることもあります。

メソセラピーを受けるには、AGA専門のクリニックで施術を受ける必要があります。

再生医療と同じで、やはりずっと病院に通い続けないといけないというのは、精神的に辛いものがあります。

多くのクリニックではメソセラピーだけでなく、AGAによる脱毛作用を抑えるため、プロペシアなどの投薬治療を並行して行っていくことが推奨されていますので、金額も人によりけりですが、比較的高いといえるでしょう。

🌟第2位🌟『自毛植毛』

おすすめ度
3.5点 / 5点

自毛植毛というと、後頭部から自分の健康な毛髪を採取して、植えたい箇所に植える手術です。この方法だと、間違いなく生え際を復活させることができます。

十数年前までは、メスで後頭部の皮膚を切除する方法しか開発されていなかったことに加え、技術レベルが今ほど高くなかったため、植毛しても密度がスカスカなんていうことは日常茶飯事でした。なので、何度も何度も手術を繰り返して密度を高めていく方法が流行りました。

一回の植毛には1年程度のスパンが必要になるので、手術を繰り返していくうちに、AGAのせいでどんどん他の箇所が薄くなってくるので、結果的に満足のいく方法とはいえないような状況でした。

ところが、最近ではとても高密度な手術が主流で、たった一回の手術でもまずまずの密度を得られるのですね。

美容院で髪の毛を切ってもらっても、手術したことが全くバレないレベルと言われています。

強いて自毛植毛のデメリットを挙げるのならば、費用は一回あたり最低でも100万円はかかりますし、さらに薄毛の根本解決にはなっていない、というところでしょうか。人によっては何度も何度も手術を受けて密度を上げるのが主流です。

そういう意味では、完璧を目指すととんでもなくお金がかかります。

サッカー選手のルーニー選手や岡崎選手、またISSAさんなどは綺麗に植毛をしているようですが、ビフォーアフターを知らなければ、植毛手術を受けたことはまずバレないほど完成度は高いですね。

🌟第1位🌟『頭皮運動+育毛剤』

おすすめ度
4.2点 / 5点

薄毛にならない生活習慣と聞いて、どんなものを想像しますか?おおよそ、

  • ①シャンプーのとき強く洗いすぎない
  • ②禁煙・禁酒
  • ③オナ禁
  • ④頭部をあまり冷やさない
  • ⑤大豆などの植物性のタンパク質を摂取する
  • ⑥ストレスを溜めすぎない
  • ⑦適度な運動
  • ⑧頭皮運動

こんなところでしょうか。なんだか、自分の生活習慣が悪かったから薄毛になったのだ!と言われているようで、こういう表を見ると不快感を感じてしまうのは私だけでしょうか。笑

ですが表をよく見てみてください。

この中の一番下に頭皮運動という項目があります。

指をつかった頭皮マッサージではなく、頭皮運動です。

異色の方法でご存じない方もいるかもしれませんので説明します。

頭皮運動とは手を使わずに頭皮を動かすことで、頭皮にたくさんの血流と酸素を運ぶことができ、結果的に薄毛の改善と予防ができるというものです。

頭皮運動のやりかた

眉毛を上下に思いっきり動かしてみて下さい。眉毛の動きにつられて、少し頭皮が動くのを感じられるかと思います。

これだけ。

ただ、とにかくやり続けることが大事

信じられないかもしれませんが、サボらずに思いっきり3日くらいやると、今まではラーメン屋の床のようなギトギト頭皮だったのが、信じられないほどサラッとしていることに気づくと思います。

あと頭皮の痒みが消えます。

もちろん育毛剤を併用することはやめませんでしたが、気づけばM字になっていた生え際のラインが側頭部から埋まるように生えてきたのです。

頭皮運動 + チャップアップなどの、栄養のたくさん詰まった育毛剤を併用することで、M字の復活が加速した

育毛剤を単体で使用していたときは、正直いってあまり効果を感じることができなかったのは事実です。

僕の場合頭頂部は無事で、生え際のM字ばかり気にしていたのもあって、育毛剤だけでは余計に効果が薄かったのかもしれません。

でも、頭皮運動を本格的に始めてから、育毛剤の浸透スピードと効率がバカみたいに上がったと感じました。

特にチャップアップなどは、頭皮運動で頭皮下の血行を加速させながら塗ると、その効果が本当によく感じられました。

個人的には、ただ育毛剤を試すだけじゃなく、この頭皮運動をプラスしてみることを強く!オススメします。

実はこの方法、海外では結構流行っているのですが、(Tom Hagerty “Hair Loss Is Reversible”)何故か日本ではほとんど語られることがないんですよね。

前髪の問題が解決すると、人生が変わります

前髪は顔の印象をとても大きく左右します。男性でも女性でもです。髪が薄いというだけで老けて見られることが多く、恋愛にも億劫になってしまいますし、仕事にも自信がもてない人はたくさんいます。

消えてなくなりたいと考えてしまう人もいるかもしれません。その辛さや薄毛の恐怖はとてもよくわかります。

極論ですが、お金はかかるけれど、物理的な自毛植毛という方法がある限り、必ず髪の方法は解決することができます。

だから、深刻にならないでください。確実に治す方法がまだ残っているのですから。

ですが、見て見ぬふりをし続けるのも終わりにしましょう。改善プランを実行に移しましょう。

2018年の売れ筋|おすすめ育毛剤ランキング

チャップアップ
4.7点 / 5点
1本5,980円〜(約一か月分)
イクオス
4.3点 / 5点
1本5,980円〜(約一か月分)
フィンジア
4.2点 / 5点
1本9,980円〜(約一か月分)
ボストン スカルプエッセンス
4点 / 5点
1本6,600円〜(約一か月分)
プランテル
3.9点 / 5点
1本6,980円〜(約一か月分)

VAGAで人気の記事

ハゲの進行を停止させる唯一の方法

頭皮運動という新しい選択肢 AGAである以上、生活習慣の改善によって、髪の毛にも多少の改善が見られることがあります。例...

https://www.vaga.info/hair-care/240