頭皮運動とは?育毛剤もマッサージも使わずに、簡単に頭の血流を良くする方法

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

頭皮の問題は、最近になって男女問わず発生してきているようです。

頭皮が脂っこい状態が続いたり、毛が細くなってきたりしたりすると、誰でも最初に疑うのは頭皮でしょう。

ですが、ただでさえ状態を把握しにくい頭皮の状態を改善するのは、普通の方法では難しいです。というか無理です。

頭皮マッサージなんていう方法もありますが、私は3年ほど熱心に取り組み続けたものの、何の効果もありませんでした。

ただ指がつかれて脂っぽくなるだけでした。

亜鉛などのサプリが頭皮の状態を改善する、などの方法も試してみましたが、もう効果が微弱すぎて腹が立って捨てました。

無意味なことを流行させるな

何の効果もないような方法を、あたかも見てきたかのように書いてある参考書やサイトがほとんどなんですよ。

たいてい以下のようなことばかりです。

  • ①シャンプーのとき強く洗いすぎない
  • ②禁煙・禁酒
  • ③頭部をあまり冷やさない
  • ④大豆などの植物性のタンパク質を摂取する
  • ⑤ストレスを溜めすぎない
  • ⑥適度な運動
  • ⑦頭皮マッサージ

これって、頭皮どうこう以前に、ただ健康に良いってだけじゃないですかね。

頭皮だけにピンポイントで効いてほしいのに、なんかものすごく遠回りさせられているような気がします。

そこで、頭皮運動です。

頭皮運動とは、手を使わずに頭皮を前後に動かすことで、頭皮に運動をさせ、結果的に頭皮の状態を改善する、という方法です。

海外ではTom Hagerty氏などがScalp Movingという方法で普及していますが、これが何故か日本には入ってきていないんですよね。

私の場合、頭皮がとても脂っこく、生え際がパカっと割れてしまうことがあり悩んでいたのですが、この頭皮運動をやり続けることで数日で頭皮の脂っこさが改善され、さらに前髪が太くなりました。

顔も脂っこいため、いつもは洗顔シートなどで顔を拭いたりしていましたが、頭皮だけはどうしても拭くことができず、頭皮の脂を除去するにはシャワーを浴びるしか手がありませんでした。

ところが、この方法にちゃんと取り組み始めてからは、顔よりも頭皮の脂が綺麗サッパリ無くなったため、本当に驚きました。

最近のマイブームは、サウナで頭皮運動

この頭皮運動は、始めてみるとすぐにわかると思うのですが、本当に頭皮の血行がよくなっていってることが実感できるんですよね。

私はジョギングやサウナを趣味にしていたのですが、これらの間にもこの頭皮運動を織り交ぜていくことで、さらに血行が加速しているように感じることができましたね。

一番驚いたのは、旅行でインドに行ったときに、3日ほど入浴ができない時期があったのですが、この頭皮運動を無意識に行い続けたときが一番驚きました。

これまではギトギトのベトベトになってしまうところだったのですが、3日たった後でもサラサラなんですね。

あまりの感動で、一緒にいっていた友達に頭の臭いをかいでもらいました。笑 『全然臭いしない!』って驚かれました。

頭皮”マッサージ”とは完全に別モノ

頭皮マッサージは基本的に薄毛対策、という意味あいが強いですし、サプリだと他の内臓機能を上げたりすることにもつながりますよね。

でも、頭皮運動はそのどちらにも圧倒的に頭皮にピンポイントで効果を発現させるのだとおもいます。

私はかつて薄毛で苦しんでいたことがあったのですが、頭皮運動はこの薄毛の進行を完全にストップさせることまで叶えてくれました。

でも、これは続けないと本当に意味がないのです。

頭皮の状態が元通りになってしまうんですよね。

私の場合も、頭皮運動を始めた当初は、効果を感じるとすぐにサボってやめてしまっていたんですが、1ヶ月くらいするとすぐにオイリー頭皮に戻ってしまいました。

何度かやったりやめたりの期間を繰り返しているうちに、頭皮を運動させなければ頭皮の状態が悪くなる遺伝なのかもしれない、と思い当たった

少しややこしい話ですが、AGA(男性型脱毛症)のケースだと、男性ホルモンの一種であるテストステロンが、毛髪の中に発生した5αリダクターゼ(酵素)と結合することで、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質を生み出します。

このDHTという物質こそがAGAを進行させる最悪の物質だというところまでは判明しているのですが、これに対処するためには、

  • 5αリダクターゼの分泌を抑える
  • 血行を拡張する

の2つの方法が考案されました。

この2つめの血行を拡張するという方法ですが、ミノキシジル(リアップなど)を使用することで、薄毛の進行を阻止することが可能になったのですが、頭皮運動とはまさにこのポジションにあたります。

(ちなみに、一つ目の5αリダクターゼの分泌を抑えるには、ご存じの方も多いと思いますが、フィナステリド(プロペシア)という薬が効果的と言われています。)

ですが、もしも薬を摂取し続けることで頭髪や頭皮の問題が解決されたとしても、ずーーっとそれを続けていかなければならないのでは、コストが大きく膨れ上がってしまいます。

それにどちらの薬品も、薄毛や頭皮の問題を解決するために作られたのではなく、別の現場で偶然発見されただけにすぎません。

しかも、ミノキシジルは副作用で国内で3名が死亡していますので注意です。

そういう意味でも、頭皮運動は副作用もコストもかけずに取り組むことができるので、非常に優れた方法ですし、頭皮マッサージなど効果のほどの不明な方法とは比べ物にならないほど効果を発揮するのではないかと思います。

頭皮運動で頭皮がとってもスッキリすると、育毛剤に含まれる栄養を爆発的に吸収できるようになる

チャップアップやイクオスには、本来数え切れないほどたくさんの栄養素が含まれています。

しかし、ただ育毛剤を塗るだけでは、汗と一緒に流れていってしまうのがほとんどなんですね。

しかも、AGAを発症している人のほとんどが、頭皮の状態が悪いです。つまり、塗っても塗っても栄養を吸収する土台がないのです。

そこで頭皮運動です。忘れずにどんどん動かし続けると、頭皮が健康な状態に戻ってくるのを感じることができます。

具体的には、

  • 脂っこい頭皮が、サラッとした状態になる
  • 赤みがかっていた頭皮が健康的な白い肌の色になる
  • しつこい頭皮のカユミが激減する

こういう状態になればしめたものです。

これでやっと育毛剤を吸収できる土台が完成したと考えていいでしょう。

それほど頭皮運動には強い効果があります。頭皮マッサージなんかと一緒にしないでください。笑

頭皮運動 + チャップアップが最強

たとえば、有名な育毛剤チャップアップには、薄毛の原因『DHT』を強力にブロックするノコギリヤシと、それを頭皮に深く浸透させるための成分やアミノ酸が多量に含まれています。

僕の場合、頭皮運動をやりながらチャップアップを併用していたのですが、これがハマりました。

頭皮を常に運動させているので、とにかく頭皮が汗をかきやすくなり、そこにチャップアップを使うと、チャップアップの成分が乾いた砂に雨が染み込むように頭皮に浸透してくるようなイメージとでもいえばいいのでしょうか。

またノズルがとても細いため、浸透させる際の圧力が強いです。

とにかく、頭皮運動なしで育毛剤を塗っていた時期とは比べようもないほどの効果があったのですね。

チャップアップ

育毛剤選びも大事

確かに頭皮運動は、その名前の平凡さからは想像もできないパワーがありますが(もちろんちゃんとやり続けた場合ですが)、それでもどんな栄養を頭皮に届けるかによって効果は大きく代わってきます。

僕にチャップアップがピッタリハマったのと同じように、みんなにチャップアップが効果があるとは思いません。

なので、育毛剤のどの成分が自分にピッタリなのかを知ることがとても重要になってきます。

当サイトでも数多くの育毛剤を吟味し、成分ごとに特性を比較していますので、是非参考にしてみて下さい😉

2018年の売れ筋|おすすめ育毛剤ランキング

チャップアップ
4.7点 / 5点
1本5,980円〜(約一か月分)
イクオス
4.3点 / 5点
1本5,980円〜(約一か月分)
フィンジア
4.2点 / 5点
1本9,980円〜(約一か月分)
ボストン スカルプエッセンス
4点 / 5点
1本6,600円〜(約一か月分)
プランテル
3.9点 / 5点
1本6,980円〜(約一か月分)