お金がないけど、どうにかして自毛植毛したい人がとるべき費用戦略

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

こんにちは。

このページを見ているということは、本格的に自毛植毛の検討フェーズに入っているのではないでしょうか。

自毛植毛の何が怖いって、まず手術を受けるということ、お金がかかるということ、手術を受けたあとの人生のこと、結婚のこと、バレるかどうかということ、バレてもいいか、いやバレたくないよぅ、エトセトラエトセトラ・・・

疑問と不安が渦巻きがちな自毛植毛ですが、この記事では話題の自毛植毛について徹底的にまとめたので、植毛を受ける際の参考にしてみてください。

このページの目次

自毛植毛にかかる費用
結論から先に言うと、M字修正なら最低50万円、ガッツリ全体的に薄いなら最低150万円

最低いくらと書いているのは、諸々のオプションで費用が変わってくるためです。

僕は国内の自毛植毛クリニックには4院以上診てもらっているので、この予算感は間違いないと思います。

実はいくつかのクリニックでは費用をぐっと抑える裏技的方法もあり、下の方で解説しています。

これが高いと感じるか安いと感じるかが大切

これは本当に実感していることなのですが、当初僕にはとてもじゃないけど払えないほどの金額でした。なにより、たかが髪の毛に払うには高すぎると思い諦めたことがありました。

ところが、一度諦めてから7年程度たってから、さらに薄毛が進行してまた自毛植毛を思い立ったときには、この金額を安く感じていることに気づきました。

高いと思う方には、きっと今はまだ必要ないものなのかも、というのが、自毛植毛の費用についての僕の考え方です。

とはいえ、自毛植毛で一体なにがどうなるのかをまずはご紹介しましょう。

自毛植毛とは

自毛植毛とは、後頭部の健康な毛髪を毛根の皮膚細胞ごと採取し、M字ハゲや頭頂部など欲しい部分に移植する手術のことです。

その定着率は95%を誇っており、元々毛の生えていなかった生え際のラインを下げることすらできる唯一の方法です。

自毛植毛なら、例えば元々毛のなかった箇所であっても自毛で生やすことが可能です。植えた毛は自分の既存の毛と同じように伸びていきます。(↓新和クリニックの症例)

自毛植毛の手術方法(FUE法)

では自毛植毛と聞くと、『ガッツリ外科手術』というイメージを持ってしまいがちですが、実は最近の自毛植毛手術はもっと身近で簡単なものに変わってきています。

この画像の通り、メスを使わないFUE法という方法が最近の自毛植毛の最もメジャーな方法です。

メスを使わずに、後頭部の毛包ごと特殊な器具で抜き取り、そのまま植毛したい場所に植えるという、聞けばまぁ何とも簡単な方法なのです。

十年前は、後頭部の皮膚をメスで切り取ってから移植していくストリップ法(FUT法やFUSS法とも呼ばれる)というやり方しかありませんでした。

もちろん今でもメスを使うFUT法を実施しているクリニックはたくさんありますが、最新のFUE法には到底及びません。

FUE法(メスを使わない)とFUT法(メスを使う)の比較

FUE法(メスを使わない) FUT法(メスを使う)
密度 M字でもバレないほど超高密度 高密度
手術による傷 数日で消える 後頭部に横に一本線が一生残る
手術の痛み 最初の麻酔がチクっとするレベル 切開するため、術後も痛みはズキズキ残る
バレにくさ バレにくい 術後しばらく包帯を巻きっぱなし、抜糸も必要なのでバレやすい
ダウンタイム
(日常に戻れるまでの期間)
翌日から仕事可能 1週間程度
生涯で受けられる手術回数 自毛がある限り無制限 2、3回が限度
グロさ 当日のみ赤いブツブツ、翌日からカサブタになるので比較的マシ グロい。
頭皮へのダメージ 非常に少ない 失った皮膚の分だけ頭皮にテンションがかかるためダメージあり
費用 比較的高い(先程のケースで最低50万円以上) 比較的安い

こんな感じです。

費用以外はすべてFUE法の圧勝です。FUT法はリスクが高いため非推奨としているクリニックも増えてきているので、植毛をするならできる限りFUE法で受けることをおすすめします。

自毛植毛の値段(手術費用)は?

ズバリ高いです。といっても、実は人によってかかる値段は全然違ってきます。

植毛クリニックではどこでも基本的に”グラフト”単位で料金を計算します。

“グラフト”というのは、ややこしいのですが一言で言ってしまえば、『1グラフト = 1毛穴単位』。

人間の毛髪はひとつの毛穴から2,3本の毛が生えているので、このひとつの毛穴(毛包)単位のことを、グラフトと呼びます。

下手な図ですみませんが、早速AGAタイプ別の費用シミュレーションといきましょう(大手3クリニック比較)。

①軽度なM字ハゲタイプ
(800~1,000グラフト) = ¥460,000~¥1,160,000

料金が¥460,000~¥1,545,000と、実に2倍以上の開きがあります。これは、

  1. モニター割引オプション
  2. 後頭部を刈らないオプション

の2つをどう選択するかで変わってきます。

モニター割引

大手クリニックのほぼ全てがモニター割引制度を実施しています。

モニターオプションにも段階があり、体験談・患部のみの写真だけのモニター割引(10%割引程度)から、全部顔出し・メディア掲載までのオプションがあります。

顔出し・メディア掲載のモニター割引を利用すると、手術料金が半額になります。

後頭部を刈らないオプション

FUE法(メスを使わない)植毛を受ける場合、後頭部から毛を採取する際に髪が長いと採取が難しいため、後頭部を刈り上げます。

もちろん刈り上げたままの後頭部は間抜けに見えるので、後頭部にのみつける部分カツラなども用意してくれます。

人間の髪の毛はだいたい1ヶ月で1cm程度は伸びますので、極端な長髪の方でなければ1ヶ月も我慢すればいいのですが、女性や後頭部を刈りたくないという方も少なくありません。

そういう方のために、大手クリニックでは後頭部を刈らないオプションが用意されています。

後頭部を刈るよりも1.5倍ほど高額になります。

医療ローンで分割払い

医療ローンは大手クリニックなら対応しています。

ローン例:

  1. M字の修正で400グラフト ⇒ 月々¥8,500円 84回払い
  2. 生え際全体の薄毛で800グラフト ⇒ 月々¥16,900円 84回払い

一般的にローンを組むのは人によって賛否両論ありますが、自毛植毛の場合は特におすすめです。

というのも、自毛植毛を受けなくても、おそらく何らかの内服薬や育毛剤、増毛などの手段をとると思いますが、どの方法を選択しようと、必ず“一ヶ月あたりの固定費用”が発生します。

対策方法 月額料金
AGA治療クリニック(内服薬) ¥6,000円~
※払い続ける
育毛剤 ¥7,000円~
※払い続ける
増毛 ¥10,000円~
※払い続ける
育毛サロン ¥20,000円~
※払い続ける
自毛植毛  ¥8,500円~
※84回払いで終わり

自毛植毛以外の選択だと、何をやっても一気に髪の毛が増えるということはないので、どちらかといえば”現状維持”のために払い続けるということに陥りがちです。

すでに髪の毛が十分にあるのなら現状維持は良い選択ですが、今髪の毛が少なくて困っているのなら、先に自毛植毛で確実に髪の毛を生やしてから、医療ローンで月額費用を払っていくというのが合理的です。

特に、今20代~40代くらいまでの人は、時間の価値を考えた時に、今やってしまったほうが今からの10年をもっと楽しめると思いますよ。

費用の説明で脱線してしまいましたが、ここからはスピードアップしてサクッと料金シミュレーションをご紹介しましょう。

②中程度のM字タイプ
(1,000~1,400グラフト) = ¥600,000~¥1,200,000

③軽度なM字+前頭部中央
(1,200~1,900グラフト) = ¥660,000~¥1,400,000

④M字+前頭部中央+軽度な頭頂部
(2,000~3,200グラフト) = ¥1,260,000~¥1,800,000

⑤前頭部と頭頂部がややつながってる
(2,800~4,500グラフト) = ¥1,700,000~¥3,560,000

⑥広範囲
(3,200~5,200グラフト) = ¥1,964,000~¥4,040,000

モニター料金を最大限利用すれば、これの半額になるわけですが・・・。

うーーむ🤔

最後の方車買えるやん🤔

まぁ髪の毛が生えてない箇所から本当に発毛させられるほどの技術なので、やはりどうしてもこれくらいはかかってしまいます・・・。

では次行きましょう。

植毛で失敗する可能性は!?

端的に言うならば、この2018年、日本において、有名自毛植毛クリニックで受けた手術が失敗することは、ありえません。心配無用です。

これに関しては別記事でしっかりご紹介しているので、興味のある方はそちらもご覧ください。↓

🌟たとえローンを組んででも自毛植毛で幸せになるかどうか!?🌟
チェックシート

植毛を受けるには、本当に大きな決断力が必要です。

『自分が受けて成功するのか?』

『今受けるべきなのか? 』

『高いお金を払い損になるんじゃないか?』

当然これらの不安があると思います。

そこで、あなたが植毛を受けるべきか、あるいはそうでないのか判定チェックシートの出番です。

🌟自毛植毛を受けるべきかどうか!?チェックシート🌟

  1. 10代、20代、30代の人
  2. 特にM字型のハゲの人
  3. 結婚したい人
  4. イケメンの人

これらのうち、2つ以上当てはまっていれば、今すぐ受けるべきだと思います。

全部当てはまっていたら、多分人生大損しているんじゃないでしょうか?

少し理由を説明しましょう。

①10代、20代、30代の人は受けたほうが良い and ②特にM字型のハゲの人

すなわち若ハゲのM字型の人にはおすすめです。

若ハゲのM字型の人って、実はある程度M字が進行したあと、おでこがベジータみたいに広がった状態で、そのまま停滞することが多いんですよね。

著名な人で言うなら、サッカーの岡崎選手とか、あとはテスラ・モーターズのイーロン・マスクなども植毛していますが、彼らはまさしく若くしてM字型若ハゲのタイプです。

一方、植毛をせずに停滞したままのM字型ハゲの期間が20年続いたとしますよね、あぁハゲだわーなんて毎日鏡の前でぼやきながら20年。

でもそれってものすごい機会損失なんですよね。

逆に全体的にスカスカの人、いわゆる全スカの人にはあまり向きません。

③結婚したい人

ハゲたまま結婚はイヤだ!という男性はとても多いのですが、一方で女性にも嫌がられるというケースは多いです。新郎がハゲって嫌ですよ。

厳しい言い方かもしれませんが、車買う前に髪を買え!って言われそうですね。

④イケメンの人

例えばジャ○ーズの伊野○慧さんなど・・・

ブサメンがハゲは道を歩いてても全然普通なのに、イケメンがハゲているとそりゃもう目立ちますよ。

人間ってやっぱり人の不幸が好きなんですよね、イケメンってだけで羨ましいのに、その羨ましいイケメンがハゲてたら、ざまあみろって思うような心の狭い人が多いんです。

それはさておき、なんで伊野○さんは植毛しないのでしょうか? 甚だ疑問です。

次に自毛植毛のデメリットの部分についてご紹介します。

自毛植毛の最大のデメリット

自毛植毛のデメリット、それは、”自毛”ゆえに後頭部の毛を取りきってしまったらそれで終わり、という当たり前すぎる部分です。

例えば、サザ○さんの磯野○平が自毛植毛やるとどうなると思いますか?

少し残ったなけなしの後頭部の毛を、頭部全体にわたってばら撒くようなイメージですね。とても密度が少なく、しないほうが良いでしょう。ハゲ散らかすとはこのことですね。

ところが、”自毛”の部分の常識が覆る日が近づいています。

それは幹細胞を利用した、毛包器官再生医療の登場です。

今自毛植毛を受けたとしても、将来的なリスクは限りなく低い

理化学研究所が2018年6月4日に発表した、後頭部から少しの毛を採取した後、それをクローニングして増殖させ、増殖させた毛を患部に植える、という手法です。

もちろん、まだ臨床実験段階ではありませんが、おそらく10年以内には実現されるだろうとの予測が立っています。

もしも将来、自毛植毛後のあなたが再びどうしようもないほどハゲて、後頭部から採取できる毛が磯野波平レベルだったとしても、おそらく10年、あるいは20年も経てば、幹細胞クローン植毛技術は確立されていると思います。

その頃再びハゲ散らかしていたら、今度はクローン植毛があるので、後頭部の残量に恐れる必要はもはやないでしょう。

レーシックみたいな、将来どうなるかよくわからないリスキーな方法と違い、植毛はあくまで”自分の髪の毛の本来の能力で”生やしているだけに過ぎないのです。

※追記 2019.3.4

ついにきました。

イギリスで、髪の保険『ヘアバンク』が運用開始されました。

採取した健康な髪を増殖させることができるため、自毛植毛の最大の弱点である「後頭部の髪を採りきってしまったら終わり」が解決できる時代の到来です。

運用開始されて間もないですが、安定稼働が確認できれば先進国である日本でもすぐに採用されることでしょう。

期待。!

では、実際に植毛手術を受けるまでのチュートリアルを紹介します。

バレないように上手く自毛植毛手術をするためのステップAtoZ

まぁどれだけ上手くバレずに植毛手術を断行できたとしても、今ハゲていてそこから嘘みたいにボサボサっと毛が生えてきたら・・・いくらなんでもわかっちゃいますよ。

それでも植毛術後は絶対にバレたくないのが、ハゲの正常な心の動きです。

そこでできる限りバレないように植毛を受けるための、実際のステップをご紹介しましょう。

①何はともあれ、大手自毛植毛クリニックで無料カウンセリングを申し込む

大手じゃなくてもいいんですけどね。要するにリスクの問題です。

国内の自毛植毛クリニックは、料金や技術がかなり近い状態にあるのですが、一方で名前を聞いたこともないような自毛植毛クリニックをあえて選択するのは謎です。

いずれも費用は実際ほとんど変わりませんし、それよりも親和クリニックやアイランドタワークリニックなどの大クリニックでは、ネットには載ってない膨大な症例数を見せてもらえるのが、大手クリニックを選ぶ際の一番大きなメリットです。

別に施術受けなくても良くて、単純に金額と仕上がりのイメージを知ることが目的です。

②会社(学校)を3日(できれば5日)休めるようスケジュール調整する

これは⑤で後述します。

③手術前日から酒・タバコ、ビタミン剤、ミノキシジルは禁止

定着率を下げないために、これは絶対必要なことです。

特に発毛剤のミノキシジルを常用している人は要注意です。ミノキシジルには血流を高める効果があるため、後頭部からグラフト採取する際に、手術に支障をきたす出血をしてしまう可能性があるからですね。

これらの禁止期間は、だいたい手術翌日くらいまで。

④手術時間は3時間程度

最初に後頭部に麻酔を打つのがチクッとする程度で、あとは気づいたら全て終わっているくらいのあっけないものです。

手術というより、施術?くらいの軽いノリで完了しますので、今までビクビクしていたのがバカらしく思えてきますよ。

終わったら、その日は包帯をしてニット帽を被って家に帰ります。

翌日からは、優しくであればなんとシャワーもできるんですよ。

⑤2、3日耐える

ややグロ画像ですが、自毛植毛を受けた直後は、患部が真っ赤のブツブツ状態になります。

メスを使わないFUE法の場合、後頭部への傷は2、3日で治り、毛を植えた患部の赤いブツブツは、数日で赤みを失ったカサブタとなります。

つまり、手術後最大で3、4日ほどの間持ちこたえれば、上の写真のように赤いブツブツは無くなるということです。

↓↓↓そしてこれは自毛植毛手術後、ちょうど10日後の動画です。もう生えてるじゃん!って感じですね。

やや皮膚が荒れていますが、この状態を見て植毛を受けたと認識できる人は、おそらくゼロでしょう。

ただ注意したいのは、一度植えた毛は数週間後に一旦抜け落ち、だいたい半年後に同じ毛根からしっかりと生えてくるのが自毛植毛のメカニズムなのです。それでも全ての毛が抜け落ちるわけではありません。

それでも、数日の間赤いブツブツになってしまうのは避けようがない。そこで・・

そこで、粉状のふりかけなるものの出番です。増毛パウダーやケラチンパウダーやら、そんな名称でamazonとかで色々売られています。

粉状のものであれば、術後2日後からこのパウダーを使っても大丈夫なので、これで最初の数日の赤いブツブツ期間を乗り切れます。

⑥転職とか卒業とかのシーズンなら尚良し

植毛ほど人生を劇的に変えるものは、他にありません。

新しい人間に生まれ変わるといっても過言ではないと思います。

なので、今転職とか卒業とかの可能性がある人はラッキーですよ。そのタイミングを利用しない手はありません。

⑦結婚している人 or 彼女がいる人は、相手に必ず伝える

植毛を受けるとこれだけガッツリ見た目が変わります。しかし信じられないことに、なぜか自分だけは彼女や奥さんにバレずに植毛できると信じているバカな人が、中にはいるんですよ。

彼女や奥さんには絶対バレるから。笑

じゃあなんで先に植毛すると言っておいたほうが良いのかというと、単純にお金の問題に発展しやすいからです。

彼女ならまだしも、奥さんに隠れてローンを組んだりすると、もう結末は見えてますよね。植毛はバレるし、事前にお金の相談をしなかったのは、本当に要らぬトラブルの元です。

どうしても恥ずかしくて言えないとしても、この壁だけは絶対に越えておきましょう。

⑧昔の友だちに会ったときが一番難しい

あなたがいつからハゲなのか、それは僕にもわかりません。

でも過去のあなたの知り合いは、きっとあなたがハゲていることを知っている人の方が多いんじゃないでしょうか。

でもね!(ここからがこの記事で一番主張したいところ)

過去にかかわらず、今現在髪の毛が生えているという事実は、あなたが想像しているよりも遥かに凄まじい自信になります。

植毛で髪が生えた今、昔ハゲていた・ハゲる遺伝という事実は、本当の意味でどうでもよくなってしまうのです。

植毛が本当の意味ですごいのは、”ハゲる遺伝子”なんて実はどうでもよくて、自分の頭皮から、ちゃんと自分の毛が自分の血液によって作られて、そしてしっかりと生えている、というところにあります。

カツラや増毛はダメで、植毛が優れている理由は、まさにこの点にあります。

ISSAさんなんて、芸能人なのにあれだけガッツリ植毛したのに、なんて堂々としているんでしょうね、結局今生えてるじゃん?っていうところがあの自信とモテ度の基礎になっているわけです。

では最後に、国内で評判の良い自毛植毛クリニックを紹介して終わりにしましょう。

自毛植毛の失敗について詳しく知りたい方はこちら