食べ物を変えても、発毛にも育毛にもほとんど無意味ですよ。

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

本当に髪に良い食べ物とは?

例えば大豆に含まれているイソフラボンや、唐辛子のカプサイシン、あとは亜鉛などでしょう。これらの成分が含まれていることをウリにしたサプリもたくさん販売されていますので、食事が適当になっている人でも、効率よく摂取することもできます。

これは育毛に気遣い始めたばかりの人がよく陥りがちなのですが、ハッキリ申し上げて、ただ摂取しているだけで目に見える効果は出ません。

まずは髪に必要な栄養素からご説明します。

髪の毛の大部分はタンパク質でできているが・・・

ご存知のとおり、髪の毛の大部分はタンパク質でできています。タンパク質というと、肉や大豆に含まれている成分で、筋トレ愛好家が好んで飲用しているプロテインの主成分にもなっています。

つまり、人間の筋肉も髪の毛と同じタンパク質でできていることになりますが、では毎日大量のタンパク質をとれば、育毛・発毛するということになるのでしょうか。

答えはNOです。まずタンパク質を口から摂取しても、栄養素として分解・吸収されるまでにはかなりの時間がかかります。

ですが、タンパク質を育毛に必要な栄養素に分解する効率を上げることは可能なのです。

摂取したタンパク質を、まずはアミノ酸に分解する

肉やタマゴ、大豆から摂取したタンパク質それ自体はあまり意味がありません。

アミノ酸に分解されて初めて栄養素として取り込む準備が整います。

アミノ酸に分解するためにはビタミンBが必要になりますが、ビタミンBが多く含まれているのは、

  • かつお
  • マグロ
  • バナナ
  • にんにく

などですね。

タンパク質を一緒にこれらを摂取することで、結果的に作り出されるアミノ酸を増やすことができます。

亜鉛を使って、やっとアミノ酸をケラチン(髪の毛の成分)に再合成

亜鉛が育毛に良いと聞いたことがあるかもしれません。

実は亜鉛それ自体は触媒のようなもので、アミノ酸をケラチン、つまり髪の毛それ自体を作り出すための道具ですね。

つまり、亜鉛だけ摂取していても、原料となるアミノ酸が上手く作られていなければ何の意味もないというわけですね。

亜鉛を多く含む食べ物は、

  • ダントツで牡蠣(かき)
  • 小麦
  • かつお
  • パプリカ
  • からすみ

このあたりですね。

この一連の流れが上手く働いていなければ、髪の毛は細く、短くミニチュア化していく可能性があります。

抜け毛が多い方も同様です。

2018年の売れ筋|おすすめ育毛剤ランキング

チャップアップ
4.7点 / 5点
1本5,980円〜(約一か月分)
イクオス
4.3点 / 5点
1本5,980円〜(約一か月分)
フィンジア
4.2点 / 5点
1本9,980円〜(約一か月分)
ボストン スカルプエッセンス
4点 / 5点
1本6,600円〜(約一か月分)
プランテル
3.9点 / 5点
1本6,980円〜(約一か月分)

VAGAで人気の記事

ハゲの進行を停止させる唯一の方法

頭皮運動という新しい選択肢 AGAである以上、生活習慣の改善によって、髪の毛にも多少の改善が見られることがあります。例...

https://www.vaga.info/hair-care/240