2018年版 | 女性用の育毛剤おすすめランキング7選 | 女性に効果的なのはどれ?

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

女性にとって髪の毛は、人に与える印象を決定づける大事な要素です。

誰だって分け目が目立つ薄毛よりも、ハリがあるボリューム感あふれる髪の毛に憧れますよね。

でも、女性で薄毛になる人は珍しくありません。

男性ほどではないにせよ20代のうちから薄毛に悩む女性だっているのです。

もしあなたが薄毛に悩んでいて自信を無くしてしまっているのならば、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

  • 女性の薄毛の原因
  • 育毛剤の選び方
  • 2018年現在の最新女性向け育毛剤7選
  • 「20代〜30代前半」「30代後半」「40代以降」の年代別のおすすめ育毛剤

これらの事を徹底的に解説しています。

きっと何か新しい発見があるでしょう。

「女だから育毛剤なんて…」

「もしどうしようもなくなったらウィッグで隠す」

などと後ろ向きになる必要はありません。2018年現在の最新の女性向け育毛剤であれば、かなり進行してしまった薄毛でも必ず改善することができるのです。

自分の髪の毛を取り戻し、自信を持って人前に出られるように、とっておきの育毛剤を見つけましょう!

育毛剤ランキングまでスキップ!

原因がわかれば選び方もわかる!女性ならではの薄毛の原因を探ろう

なぜ女性が薄毛になってしまうのでしょうか?

その原因さえわかれば、育毛剤選びは簡単です。

原因に対処してくれる育毛成分が入ったものを選ぶだけでいいのです。

まずはあなたの薄毛の原因をぼんやりとでも構いませんので把握しておくことにしましょう!そうすればこの記事で紹介する7つの女性向け育毛剤の中から、あなたに最適な1本が見つかるはずです。

女性ホルモンの減少

女性ホルモン(エストロゲン)が減少し、体内で男性ホルモンの影響力が増すことにより起こる薄毛です。

意外に思われるかもしれませんが、女性の身体には男性ホルモンも存在しています。

男性ホルモンは女性にとっても男性にとっても髪の毛の天敵。

男性ホルモンが体内でDHTという物質に変わると、徐々に薄毛を進行させてしまいます。この薄毛になるメカニズムは男性も女性も同じです。

🌟ポイント🌟

  • 女性の体内にも男性ホルモンが存在する
  • 男性ホルモンが体内でDHTという物質に変わり、薄毛を誘発する

女性の場合は男性ホルモンの量が圧倒的に少ないため、本来であれば男性よりも薄毛になりづらいです。

特に若い女性であれば女性ホルモンの方が多いため、通常は薄毛にはなりません。

しかし30代を過ぎると、女性ホルモンは減少しはじめます。体内で男性ホルモンの力を抑えることができなくなってしまいます。

🌟ポイント🌟

  • 女性ホルモンが多いと、男性ホルモンによる悪影響を抑えることができる
  • 30代を過ぎると女性ホルモンが減少し始め、男性ホルモンの悪影響を受けて薄毛になりやすくなる

パーマやカラーリングのしすぎによるダメージ

パーマやカラーリングの液剤は、髪の毛や毛根にダメージを与えます。男性と比べて女性は髪の毛にパーマ・カラーリングをする頻度が多く薄毛の原因になりやすいです。

紫外線のダメージ

紫外線は毛乳頭細胞を覆うように存在するコラーゲンを壊し、育毛に致命的なダメージを与えます。女性であれば日焼け止めで紫外線対策は万全にしている人もいるでしょうが、頭皮は意外と無防備になりがちです。

血行不良

食習慣が乱れてくると血液の流れが悪くなり、いわゆる血行不良となってしまいます。血行不良は身体中にさまざまなダメージを与えますが、髪の毛も例外ではありません。髪の毛を作りだす毛乳頭細胞へ栄養が行き届きにくくなり、生えてくる髪の毛がやせ細ってしまいます。

牽引性(けんいんせい・髪の毛の引っ張りすぎ)

女性ならではの薄毛の原因として「牽引性(けんいんせい)の脱毛症」があげられます。髪の毛を後ろで縛るなど、引っ張った状態のスタイリングをしている人は要注意です。常に髪の毛が引っ張られた状態を維持してしまうと、毛根部分が弱くなってしまいます。

石油系シャンプーのアルカリ性や添加物

市販の安いシャンプーはほぼ「石油系シャンプー」です。石油系シャンプーはアルカリ性なために、弱酸性である頭皮とは相反する性質を持っています。そのため、長期間の使用で徐々に頭皮がダメージを受けてしまいます。

また、シャンプーに含まれる各種添加物も長い時間をかけて毛乳頭細胞にダメージを与えてしまい、薄毛の原因となります。

2018年女性向け最新育毛剤ランキング

2018年現在、薄毛に悩む女性に人気の育毛剤を7つ厳選してご紹介しましょう。どの育毛剤も女性が安心して使うことのできる成分のみで作られています。副作用が起きたり、余計に薄毛が進行したりする心配は一切ありません。自分に合った育毛剤を見つけてみてください!

🌟第1位🌟 マイナチュレ

特徴

  • 初回限定で980円(81%OFF)
  • シャンプーやコンディショナーもラインナップで相乗効果が高い
マイナチュレ

センブリエキス(血行促進、抗酸化作用)、グリチルリチン酸ジカリウム(抗酸化作用、消炎作用)など頭皮環境を改善する成分が多く配合された人気の育毛剤です。酢酸DL-α-トコフェロールという頭皮の老化を防ぎ、免疫力を高める珍しい成分が入っているのも特徴です。

マイナチュレが人気なのは配合成分だけに限りません。育毛剤と合わせてマイナチュレブランドのシャンプー、コンディショナーなどを使うことで、より頭皮環境を改善することができるシステムが幅広い年代の女性から支持を集めているのです。

残念ながらドラッグストアで売られている安い石油系シャンプーは、せっかくの育毛成分を台無しにしてしまうようなものも少なくありません。そのためいくら育毛剤を使っても効果がなかなか得られないことがよく起こります。

マイナチュレは育毛剤の成分と「喧嘩をしない優しい成分」のみをシャンプーやコンディショナーに使っています。育毛剤だけでなくシャンプーやコンディショナーを全てをマイナチュレブランドに統一することで、あなたの薄毛もより改善しやすくなるでしょう。

さらに嬉しいのが初回限定で980円という低価格。気軽に試しやすい敷居の低い価格ですよね。

まさにマイナチュレは、20代から50代まで幅広い女性に支持をされ続ける女性向け薄毛育毛剤のナンバーワンブランドなのです。

マイナチュレ

🌟第2位🌟 ベルタ

特徴

  • 多くの育毛成分をバランス良く配合した女性のための総合育毛剤
  • ナノ化によって育毛成分が浸透しやすい
  • 頭皮がベタついて皮脂が多い人におすすめ
ベルタ

センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ヒオウギ抽出液、大豆たんぱくエキスなどに加えて14種類のアミノ酸が含まれている女性のための総合育毛剤です。

ベルタはこれだけ多くの育毛成分を、頭皮にあまさず浸透させるため「ナノ化」をほどこしています。育毛成分の粒子が大きすぎると、人間の頭皮には必ず存在する皮脂によって毛穴を突破することができません。

せっかくの育毛成分が頭皮に浸透せずに蒸発してしまいます。それを防ぐために粒子を極めて小さくナノ化し、皮脂を簡単に突破できるようにしているのです。

しっかりシャンプーをしても常に頭皮がベタついている人は、体質の関係で皮脂が多くなっており、育毛成分がなかなか浸透しません。

特に20代は皮脂が多く分泌されやすい年代です。ベルタであればそのような人でも育毛成分をしっかり毛乳頭細胞に届けることができるでしょう。

ベルタ

🌟第3位🌟 イクオス

特徴

  • 男性にも人気の育毛剤
  • 薄毛を引き起こす男性ホルモンを強力に抑えるDHTブロッカーが多数配合
  • 更年期障害の人におすすめ
イクオス

男女共用の育毛剤として有名なのがイクオスです。最大の特徴はオウゴンエキス、ヒオウギエキス、ビワ葉エキスの3つのDHTブロッカー。もともと男性向けに開発されたことからも分かる通り、薄毛を引き起こす男性ホルモンを強力に抑える効果を持っています。

また、女性ホルモンとそっくりの働きをする「イソフラボン」が多く含まれている大豆エキスも配合されています。40代以降の女性ホルモン減少に悩む女性には最適の育毛剤でしょう。

センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウムなど血行促進や抗炎症効果を持つ成分も入っており、頭皮全体の老化を抑える効果も期待できます。

男性向け育毛剤を女性が使うと副作用が生じることもありますが、イクオスは女性でも安心して使えるように成分調整されているので安心です。

男性向け育毛剤にありがちな不快な臭いや添加物もありません。

イクオス

🌟第4位🌟 リジュン

特徴

  • 2014年に発見された新しい育毛成分「リデンシル」を配合
  • 活性酸素を除去するフルボ酸を育毛剤として初配合
  • 他の育毛剤が効かなかった人におすすめ
リジュン

リジュンはまさに最新の女性向け育毛剤です。メインとなる成分は「リデンシル」と「フルボ酸」の2つ。どちらも最先端の育毛理論によって生み出されました。

リデンシルは2014年に化粧品系成分の世界最大の権威あるカンファレンスで銀賞を獲得した新しい育毛成分です。さまざまな理由で数が減ってしまった毛乳頭細胞自体を「再生」する力があるという、今までの育毛剤では見られなかったメカニズムが特徴的です。また、天然成分から合成されているので人体に副作用を与えません。

フルボ酸は身体中を錆びつかせる活性酸素を除去する抗酸化作用を持つ成分です。もともとサプリ向けにはよく使われてきましたが、リジュンは育毛剤としては初めて採用しています。

長年浴び続けた紫外線でダメージを受けた頭皮は、活性酸素を発生させます。活性酸素と薄毛の本当に詳しいメカニズムはまだ解明されていませんが、毛乳頭細胞を減少させて薄毛を引き起こすことが確実視されています。

リジュンに配合されたフルボ酸が活性酸素を強力に除去することができるのはサプリでの使用実績からお墨付き。この効果を育毛剤にも応用したのがリジュンなのです。

もし他の女性向け育毛剤を半年以上試しても効果が得られなかった人は、最新の育毛理論が凝縮されたリジュンに賭けてみてはいかがでしょうか?

リジュン

🌟第5位🌟 ハリモア

特徴

  • 髪の毛のボリュームだけでなくハリにもこだわる人に人気
  • 30日間以内なら使用後でも返金
ハリモア

ハリモアの名前の由来は「ハリ」を「もっと(more=モア)」です。つまり髪の毛をただ増やすだけではなく、ハリや艶もプラスしてしまおうという女性向けに特化した育毛剤なのです。せっかく髪の毛の本数が増えても、パサパサでいかにもみすぼらしい髪の毛になってしまっては残念ですよね。多くの保湿成分やアミノ酸が配合されているハリモアでは心配不要です。10歳は若返った錯覚にとらわれるほどハリとボリューム感のある髪の毛を手に入れることができるでしょう。

ハリモアの有効成分はセンブリエキス、ニンジンエキス、グリチルチリン酸ジカリウムです。いずれも血行促進や抗酸化作用、消炎作用を持っています。パーマや紫外線、石油系シャンプーなどで傷んだ頭皮と髪の毛を修復してくれるでしょう。

ただ髪の毛を生やすだけでなく、髪の毛の質にもこだわりたい大人のあなたにおすすめです。

ハリモア

🌟第6位🌟 コラージュフルフル育毛ローション

特徴

  • 医薬品にも使われる合成女性ホルモン「エチニルエストラジオール」配合
  • 2,800円と比較的安価なので気軽に始めたい人におすすめ

「女性ホルモンの補充」に特化した育毛剤です。エチニルエストラジオールという低用量ピルにも使われることがある合成女性ホルモン(エストロゲン)が入っているのが最大の特徴でしょう。医薬品にも使われる成分のため、その効果は非常に強力です。40代以降の更年期障害に悩む女性の薄毛には最適です。

また、2,800円から購入できるのでコストパフォーマンスが高い点も人気です。

年代別のおすすめ育毛剤はこれ!

🌟20代~30代前半🌟

20代〜30代前半の育毛剤選びのポイント

  • カラーリングやシャンプーによる薄毛が多い
  • アミノ酸などを補給できる育毛剤がおすすめ

20代~30代前半の女性はまだ女性ホルモンの減少が始まっていないため、薄毛になる人は少ない傾向にあります。この年代で薄毛になる人は「カラーリングやパーマによるダメージ」「石油系シャンプーによるダメージ」が多いです。

これらの原因に対処するには、ダメージを受けてしまった頭皮や毛乳頭細胞に栄養を補給する育毛剤を選びましょう。アミノ酸などが含まれている育毛剤は、石油系シャンプーのアルカリ性を中和してくれます。また、カラーリングなどで受けたダメージも回復してくれるでしょう。

おすすめの育毛剤

  • ベルタ
  • マイナチュレ

ベルタやマイナチュレのようにバランス力の高い育毛剤が、20代から30代前半の女性にはおすすめです。ベルタであれば皮脂が多めの若い女性でも育毛成分が浸透しやすいですし、マイナチュレは育毛剤にとどまらず多くのヘアケア商品をラインナップしている一大ブランドです。

🌟30代後半🌟

30代後半の育毛剤選びのポイント

  • 紫外線などのダメージが蓄積して薄毛になりはじめる
  • 抗炎症作用や血行促進成分が大事
  • 女性ホルモン対策も必要

30代後半ともなってくると若い頃と違って徐々に老化が進み、「紫外線のダメージ」「食習慣の乱れによる血行不良」などの影響を髪の毛も受け始めます。抗炎症作用や血行促進成分を持つ育毛剤を積極的に選びましょう。また、徐々に女性ホルモンが減少し始めるのもこの年代の特徴です。特に妊娠・出産した人は要注意。急激にホルモンバランスが崩れることから薄毛が進行する可能性があります。

おすすめの育毛剤

  • ハリモア
  • マイナチュレ
  • リジュン

30代後半の女性はハリモアやマイナチュレなど、頭皮環境の改善効果で髪の毛を増やす育毛剤がおすすめです。

この2つの育毛剤はどちらも生えてきた髪の毛の質にもこだわっているのが特徴です。多少髪の毛が傷んでいても肌の若々しさでカバーできる10代や20代と違い、30代後半は髪の毛の質にもこだわらなければいけない年代です。ハリ・コシ・ツヤも求めたい大人の女性はハリモアやマイナチュレなどで髪の毛のトータルケアを行いましょう。

他の育毛剤を色々と試してみたけれど効かなかった人はリジュンがおすすめ。新成分リデンシルによる毛乳頭細胞の再生化メカニズムは、従来の育毛剤では得られなかったものです。

🌟40代以降🌟

40代以降の育毛剤選びのポイント

  • 女性ホルモンと似た成分を補充することが最重要
  • DHTブロッカーが入っているとさらに効果が高い

30代からはじまる女性ホルモンの減少は、40代を過ぎると急激に進行します。45歳頃からはホルモンバランスが乱れて更年期障害の症状が出てくるでしょう。鬱っぽい、怒りっぽいなどの精神的な変化と一緒に薄毛になった場合は、確実に女性ホルモンが足りていません。

そのため育毛剤を選ぶ時は「女性ホルモンと似た成分」が多く含まれているものを選ぶようにしましょう。体内で作ることができなくなった女性ホルモンを育毛剤で補ってあげるのです。

女性ホルモンを補充するだけでなく、男性ホルモンの活動を抑えるDHTブロッカーという成分が適度に入っている育毛剤であればより強い効果が得られるでしょう。

40代以降の女性はホルモン対策に特化した育毛剤を選んでおけば間違いありません。

おすすめの育毛剤

  • イクオス
  • コラージュフルフル育毛ローション
  • ブブカ

これらの育毛剤は男性ホルモンの影響を抑えるDHTブロッカーや、合成女性ホルモンなどが配合されています。この年代は効果が出るまでに少し時間がかかってしまいますので、焦らずにコツコツと育毛剤を使うようにしましょう。

女性向け育毛剤の効果を高めるためにやるべき3つのこと

育毛剤をそのまま頭皮に塗れば全ての成分が浸透すると思ったらそれは大間違い。使い方が悪いと成分の30%程度ほどしか吸収されません。少しでも育毛効果を高めるためにやるべき3つのことをご紹介しましょう。

頭皮マッサージをしながら育毛剤を使う

頭皮をマッサージすることで毛根付近の毛細血管が活性化し、成分が吸収されやすくなります。

指で頭皮全体を指圧マッサージ → 育毛剤をつける → 手のひらで優しく抑えながら再度マッサージ

こうすることで、より成分が吸収されやすくなるでしょう。化粧水の吸収効率を高めるために行うパッティングと同じ要領です。

コンディショナーは頭皮につけない

女性であれば誰もが使っているコンディショナー。髪の毛の保湿力を高める必須アイテムですが、実は育毛剤の成分吸収を邪魔してしまうので要注意です。

コンディショナー成分が頭皮に付着すると、毛穴を覆ってしまいます。その後で育毛剤を使っても、コンディショナーの膜が邪魔をして育毛成分が毛穴の奥に浸透しづらくなってしまいます。

コンディショナーを使う場合は必ず髪の毛だけにつけるようにし、頭皮にはつけないようにしましょう。

大豆食品を中心に食生活も改善しよう

豆腐などの大豆食品には「大豆イソフラボン」という女性ホルモンに類似した栄養素が多く含まれています。女性ホルモンの減少が原因で薄毛になっている人は、積極的に大豆食品を食べるようにしましょう。主な豆腐食品は以下の通りです。

  • 豆腐
  • 豆乳
  • 納豆

ただし摂り過ぎには注意が必要です。厚生労働省は1日の大豆イソフラボンの摂取上限量の基準を70mg~75mgと定めています。これ以上を摂取すると子宮内膜症や乳がんの発症リスクを上げてしまいます。

大豆製品に含まれる大豆イソフラボン量は以下の通りです。摂り過ぎには注意しつつ、普段の食生活に取り入れていきましょう。

  • 豆腐1丁…80mg
  • 納豆1パック…35mg
  • 豆乳200ml…40mg

女性向け育毛剤Q&A

どのぐらいで育毛剤の効果が得られるの?

3ヶ月~1年はかかると考えてください。薄毛の症状がひどい女性ほど改善には時間がかかるでしょう。

🌟20代は3ヶ月~半年

薄毛の原因が女性ホルモンではないため、比較的改善しやすいのが20代です。育毛成分を補給できる育毛剤を使うことで、早ければ3ヶ月程度で薄毛改善効果が得られるでしょう。

🌟30代は半年程度

女性ホルモン減少の影響を受けつつある30代は、育毛剤を使い始めて半年ほどはかかるでしょう。育毛剤と同時並行して食生活の改善や適度な運動をすることで、女性ホルモンの正常化に努めましょう。

🌟40代は9ヶ月~1年程度我慢する

女性ホルモンの減少に加えて紫外線ダメージの蓄積、免疫機能の低下などが顕著になってくるこの年代は、9ヶ月から1年ほどは改善に時間がかかってしまうでしょう。焦らず、すぐに効果を求めすぎないことが大事です。

このように、どの年代でも育毛剤を使ってすぐに効果は得られません。数ヶ月使うことを念頭に育毛剤を選ぶようにするといいでしょう。ネット系育毛剤は1ヶ月ごとに自宅に育毛剤が届く「定期コース」を設けており、割引率も単品購入より高くなっているので、うまく使うことでお得に購入することができるでしょう。

育毛剤に副作用はある?

適切に使えば副作用は起こりません。1日の使用推奨量を守って使う限り、よっぽどのことが無ければ問題はありません。

ただし注意して欲しいのは「男性向け育毛剤」を使う場合です。男性用育毛剤は男性ホルモンの働きを強力に抑える成分が入っているものがあり、女性が使うと思わぬ副作用が生じることがあります。特に妊娠中は注意が必要です。

なお、この記事で紹介した育毛剤は全て女性が使っても問題ないものばかりなので、安心して使うことができます。

10代の薄毛はどうすればいい?

 

薄毛になってしまった10代の女性は、女性ホルモンのバランスが深刻なレベルで崩れていることが予想されます。ダイエットのしすぎ、生理不順、精神的な不調などで崩れてしまった10代女性のホルモンバランスは、育毛剤ではなかなか戻すことはできません。

育毛剤で治療しようとはせずに、病院で本格的な治療を行うことをおすすめします。

まとめ

以上、女性の育毛剤2018年版の最新ランキングをご紹介してきました。いかがでしたでしょうか?何か新しい発見はあったでしょうか?

最後に女性の薄毛を治すために大事なことをまとめておきましょう。

🌟薄毛の原因を自分なりに見極める

自分の薄毛の原因が女性ホルモンなのか、それとも血行不良なのかで治療の方針は大きく変わってきます。自分の生活習慣などを振り返って原因を探ることで、自分に最適な育毛剤と出会う確率を上げることができるでしょう。

🌟ネット通販系の高品質な育毛剤を使う

ドラッグストアーなどで売られている比較的安い育毛剤は、コストを抑えるために配合成分を渋っている傾向にあります。ネット通販系の育毛剤はちょっと高いと感じるかもしれませんが、その分だけ質も高いのです。確実に効果を得たければネット通販系の高品質な育毛剤を選ぶようにしましょう。

🌟最低でも数ヶ月以上は使い続ける

育毛剤による薄毛治療には「我慢」が必用です。1ヶ月程度使っただけで効果が出ないと諦めてはいけません。最低でも半年は使い続けるようにしましょう。

「女性が育毛剤を使うなんて恥ずかしい」という時代はとっくの昔に過ぎました。もはや育毛剤は男性だけのものではないのです。ウィッグや帽子に頼らず、多くの女性が育毛剤で自分の髪の毛を取り戻している時代なのです。

この記事で紹介した最新の育毛剤を使って、あなたもボリュームある髪の毛を取り戻しましょう!

2018年の売れ筋|おすすめ育毛剤ランキング

チャップアップ
4.7点 / 5点
1本5,980円〜(約一か月分)
イクオス
4.3点 / 5点
1本5,980円〜(約一か月分)
フィンジア
4.2点 / 5点
1本9,980円〜(約一か月分)
ボストン スカルプエッセンス
4点 / 5点
1本6,600円〜(約一か月分)
プランテル
3.9点 / 5点
1本6,980円〜(約一か月分)

VAGAで人気の記事

ハゲの進行を停止させる唯一の方法

頭皮運動という新しい選択肢 AGAである以上、生活習慣の改善によって、髪の毛にも多少の改善が見られることがあります。例...

https://www.vaga.info/hair-care/240