【ハリとコシを作る】育毛シャンプーおすすめランキング|薄毛予防の5選

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +
  • 「髪の毛にハリやコシがなく元気がない」
  • 「お風呂の排水口に髪の毛がゴッソリあってショックを受けた」
  • 「薄毛を気になり他人の目がすごく気になる」

あなたは、このような髪の悩みをお持ちではないでしょうか?

その悩みを解消するため、育毛シャンプーについて調べているかもしれませんね。この記事を最後まで読んでいただくと、以下の内容を理解できます。

  • 育毛シャンプーはどのようなものかを理解できる
  • 自分にあった育毛シャンプーを見つけられる
  • 育毛シャンプーの効果的な使い方を理解できる

ぜひ最後まで読んで、あなたにあった育毛シャンプーを選び、1日でも早く髪の悩みを解消してくださいね。

育毛シャンプーおすすめランキングまでスキップ! 

このページの目次

育毛シャンプーの選び方

この項目では、育毛シャンプーの選び方について知っておきたい基礎知識と、育毛シャンプーの選び方のポイントを説明します。

シャンプーの系統は大きく3種類!メリットとデメリット

メインとなる主成分や有効成分により、シャンプーの特徴が大きく変わります。

大きく分けると、全部で3種類の系統に別れます。

  1. アルコール系シャンプー
  2. 石けん系シャンプー
  3. アミノ酸系シャンプー

そこで特徴とあわせ、メリットやデメリットを系統ごとに説明します。

①アルコール系シャンプー

大手メーカーが製造・販売するシャンプーの多くは、この系統のシャンプーです。

メリット:価格が安く洗浄力が強い

人工的な化学成分で作られるため、大量生産が可能です。

泡立ちもよく、さっぱりとした洗浄効果が期待できます。

デメリット:乾燥肌や肌疾患を引き起こす

洗浄力が強いため頭皮に必要な皮脂まで奪い、乾燥肌など頭皮環境を乱します。

人工的な化学成分の影響で、アトピーによる肌疾患を悪化させることがあります。

②石けん系シャンプー

石けんは紀元前から使われ、歴史的にも実績があります。

メリット:肌に優しく洗浄力が強い

動植物の油脂など天然由来の成分が使用されています。

余計な成分も少ないため、アトピーなどの肌疾患を持っている方でも安心して使えます。

肌に優しい一方でマイルドな洗浄力を持ち合わせています。

デメリット:髪がきしむ

石けんのアルカリ成分で髪のキューティクルを開き、きしむことがあります。

カラーリングをしていると、より顕著に現れます。

③アミノ酸系シャンプー

私たちの皮膚は、数多くのアミノ酸から構成されています。

そのため、髪や頭皮に馴染みやすい特徴があります。

メリット:天然由来の成分が多く肌に優しい

アルコール系シャンプーと比べ、人工的な化学成分が少なめです。

石けん系シャンプーと比べても、洗浄力はさらにマイルドです。

肌に近い成分のため、肌に優しいのが特徴です。

デメリット:洗浄力がやや弱い

先の2つに比べ洗浄力が弱いため、人によっては物足りなさを感じることがあります。

育毛シャンプーおすすめのシャンプー系統はどれ

おすすめはアミノ酸系の育毛シャンプーです。

多くの育毛シャンプーは、アミノ酸系シャンプーを使っています。

薄毛に悩む方は洗浄力の高いシャンプーを使い、頭皮環境が乱れていることがあります。

肌への刺激が少なく頭皮環境を整えられる、アミノ酸系の育毛シャンプーがおすすめです。

育毛シャンプーおすすめランキング

ここでは、育毛シャンプーの中でも評判のいい、おすすめの育毛シャンプーをランキング形式で5つご紹介します。

🌟第1位🌟 ウーマシャンプープレミアム

ウーマシャンプープレミアムの特徴

ウーマシャンプープレミアムは、馬油を主成分にしたアミノ酸系シャンプーです。

人工的な香料、保存料、着色料といった添加物は一切含まれていません。

アミノ酸系シャンプーならではの皮脂を取りすぎない優しい洗浄力。

馬油、ガゴメ昆布、加水分解ケラチン、アミノ酸BCAA、グリチルリチン酸2Kなどの天然成分が頭皮に浸透。

これらの栄養素が、乱れた頭皮のヘアサイクルを整えてくれます。

ウーマシャンプープレミアム

全額返金保証で30日間じっくり試せる

初回購入限定お一人様1回限り、公式サイトから購入すると30日間のお試し期間でじっくり試せます。

もし、お試し期間中に効果がないと感じたら、遠慮なく全額返金保証サービスを受けられます。

商品お届け時はプライバシーを考慮

通販でお届けする際に、品名は受注IDとお荷物管理番号のみ記載。

中身がシャンプーとわからないように、プライバシーを考慮して発送します。

オトクな定期お届けコースあり

単体での購入は、税込み4,320円+送料(5,000円未満は630円)がかかります。

定期お届けコースを利用すると、20%オフの税込み3,460円(送料無料)です。

定期お届けコースの中止や変更もいつでも自由に可能です。

「3か月継続が条件」といった縛りは一切ありません。

おすすめする方

  • 排水溝や枕についた毛が気になる方
  • 不規則な生活などでヘアサイクルが乱れている方
  • 男女兼用を探している方
  • 年齢に関係なく安全なものを使用したい方
  • 定期お届けコースで縛りのないものを選びたい方

このような育毛シャンプーを探していましたら、ウーマシャンプープレミアムがおすすめです。

ウーマシャンプープレミアム

🌟第2位🌟 モンゴ流シャンプーEX

モンゴ流シャンプーEXの特徴

モンゴ流シャンプーEXは、2018年4月にリニューアルした、最新成分が配合されたシャンプーです。

その1つとして、髪の太さに関係なくハリやコシが出る髪が増えたことです。

また、髪の外側と内側からダブルで補修する成分が配合されたことです。

そのため、髪のダメージを修復しながら、ハリやコシが従来品よりさらにパワーアップしています。

また、天然のアミノ酸系シャンプーにより優しく洗浄し、頭皮環境を清潔に保ちます。

薄毛の原因は、頭皮のコラーゲンの減少で起こるという新発見をもとに、研究開発してコラーゲンを増やすことに成功。

33種類の天然成分により、髪、毛根、頭皮の内側まで働きかけます。

乱れたヘアサイクルを整えながら、ハリやコシのある元気な髪に成長させます。

人工的な香料、保存料、着色料といった添加物は一切含まれていません。

モンゴ流シャンプーEX

全額返金保証で14日間じっくり試せる

初回購入限定お一人様1回限り、公式サイトから購入すると14日間のお試し期間でじっくり試せます。

もし、お試し期間中に効果がないと感じたら、遠慮なく全額返金保証サービスを受けられます。

オトクな定期お届けコースあり

単体での購入は、税込み4,980円+送料(4,980円未満は540円)がかかります。

定期お届けコースを利用すると、5回までの利用で10%オフの税込み4,480円(送料無料)です。

6回目以降は12%オフの税込み4,380円(送料無料)、11回目以降は15%オフの税込み4,230円(送料無料)と利用回数に応じて割引額が変わります。

定期お届けコースの中止や変更もいつでも自由に可能です。

「3か月継続が条件」といった縛りは一切ありません。

おすすめする方

  • 頭皮が固いと感じている方
  • 髪にハリやコシがないと感じている方
  • 男女兼用を探している方
  • 年齢に関係なく安全なものを使用したい方
  • 定期お届けコースで縛りのないものを選びたい方

このような育毛シャンプーを探していましたら、モンゴ流シャンプーEXがおすすめです。

モンゴ流シャンプーEX

🌟第3位🌟 プレミアムブラックシャンプー

特徴

プレミアムブラックシャンプーは、これ1本で頭皮の洗浄、保湿、栄養補給ができるシャンプーです。

人工的な香料、保存料、着色料といった添加物は一切含まれていません。

大きな特徴としては、洗浄効果のある泥が含まれ、シャンプー自体が真っ黒であることです。

皮脂を取りすぎることなく、優しい洗浄力で頭皮をキレイに保ちます。

21種類の天然成分が頭皮環境を整えて、髪をダメージから守ります。

また、3分間泡パックをすることで、頭皮に栄養がより浸透します。

もちろん3分間放置しても、安心な成分を使用しています。

これ1本で洗浄、保湿、栄養補給ができるため、リンスやトリートメントは一切不要です。

プレミアムブラックシャンプー

オトクな定期お届けコースあり

単体での購入は、税込み5,140円+送料(10,000円未満は540円、沖縄のみ1,296円)がかかります。

定期お届けコースを利用すると、10%オフの税込み4,666円(送料無料)です。

定期お届けコースの中止や変更もいつでも自由に可能です。

「3か月継続が条件」といった縛りは一切ありません。

注意点

お試し期間や返金保証制度は用意されていません。

商品到着後8日以内で未使用、未開封に限り、クーリングオフ制度による返品を受け付けています。

おすすめする方

  • シャンプー1本ですべて賄えるのを探している方
  • 頭皮のベタつきを感じている方
  • 髪にハリやコシがないと感じている方
  • 男女兼用を探している方
  • 年齢に関係なく安全なものを使用したい方

このような育毛シャンプーを探していましたら、プレミアムブラックシャンプーがおすすめです。

プレミアムブラックシャンプー

🌟第4位🌟 ボストンアロマシャンプー

ボストンアロマシャンプーの特徴

ボストンアロマシャンプーは、石けん系とアミノ酸系の洗浄成分をブレンドしたシャンプーです。

必要な潤いを残しつつも、余分な汚れを落とすことができます。

人工的な香料、保存料、着色料といった添加物は一切含まれていません。

全部で28種類の成分が含まれ、洗浄はもちろんのこと、保湿やダメージケアに優れた成分で構成されています。

天然のアロマによりリラックス効果を高めて、ストレスから来るヘアサイクルの乱れも改善する効果があります。

泡立ちが非常にいい一方で泡切れもよくなっています。

使用感も考慮に入れているため、毎日のシャンプーが楽しくなると同時に、ヘアサイクルの乱れを整えることができます。

ボストンアロマシャンプー

全額返金保証で45日間じっくり試せる

初回購入限定お一人様1回限り、公式サイトから購入すると45日間のお試し期間でじっくり試せます。

もし、お試し期間中に効果がないと感じたら、遠慮なく全額返金保証サービスを受けられます。

商品お届け時はプライバシーを考慮

通販でお届けする際に、品名は無記名で記載。

中身がシャンプーとわからないように、プライバシーを考慮して発送します。

ただし、沖縄地方のみは配送業者の関係で品名は「シャンプー」と記載されます。

オトクな定期お届けコースあり

単体での購入は、税別3,980円+送料(9,000円未満は556円)がかかります。

定期お届けコースの「らくトク便」を利用すると、税別3,580円(送料無料)です。

定期お届けコースの変更もいつでも自由に可能です。

注意点

定期お届けコースの場合、最低3回の継続が必要です。

おすすめする方

  • シャンプー1本ですべて賄えるのを探している方
  • 毎日洗っているのに頭皮がかゆい方
  • 朝からペッタリのボリュームのない髪に悩んでいる方
  • 洗い心地のいいシャンプーを探している方
  • 年齢に関係なく安全なものを使用したい方

このような育毛シャンプーを探していましたら、ボストンアロマシャンプーがおすすめです。

ボストンアロマシャンプー

🌟第5位🌟 スカルプD

スカルプDの特徴

スカルプDは、育毛シャンプーの元祖そして火付け役です。

毎年リニューアルを繰り返し、2005年の発売から2017年で13代目となります。

頭皮の状態にあわせて、3種類から選ぶことができます。

頭皮環境を整える、青豆、黒豆、黄大豆の発酵エキスのほか、10種類以上の頭皮ケア成分が配合されています。

人工的な香料、保存料、着色料といった添加物は一切含まれていません。

ハリコシ成分が外側から補修して、髪にハリとコシを与えます。

従来商品よりも泡立ちがアップし、洗い心地を感じることができます。

スカルプD

オトクな定期お届けコースあり

単体での購入は、税込み3,900円+送料(5,000円未満は540円)がかかります。

定期お届けコースを利用すると、15%オフの税込み3,315円(送料無料)です。

定期お届けコースの中止や変更もいつでも自由に可能です。

「3か月継続が条件」といった縛りは一切ありません。

注意点

お試し期間や返金保証制度は用意されていません。

商品到着後8日以内で未使用、未開封に限り、クーリングオフ制度による返品を受け付けています。

おすすめする方

  • 有名な育毛シャンプーを使いたい方
  • 肌質にあわせてシャンプーを選びたい方
  • シャンプー後にハリやコシが感じられない方
  • ドライヤーを使ってもボリューム感が出ない方
  • 洗い心地のいいシャンプーを探している方

このような育毛シャンプーを探していましたら、スカルプDがおすすめです。

スカルプD

育毛シャンプーと一般的なシャンプーの違い

一般的なシャンプーとは、ここではテレビCMや新聞のチラシでも見かける、大手メーカーが製造・販売しているものとします。

では、育毛シャンプーと一般的なシャンプーでは、どんな違いがあるのか?

3つの観点で比較して説明していきます。

①効果や目的の違い

一般的なシャンプーの場合

一般的なシャンプーは、髪や頭皮についた皮脂や汚れの洗浄を目的とします。

他にもシャンプーの種類により、以下のような効果があります。

  • 髪をツヤツヤにする
  • 洗浄後に清涼感を得られる

育毛シャンプーの場合

育毛シャンプーは洗浄の目的にプラスして、メインは育毛を目的にしています。

おもな目的や効果は以下になります。

  • 頭皮環境を整えて髪の生えやすい状態にする
  • 毛根に成分を届けて髪の成長を助ける

②法律上の分類の違い

一般的なシャンプーの場合

洗浄が目的となるため、法律上は化粧品に分類されるものが多くなっています。

ただし、特定の効果に特化している場合、医薬部外品に分類されるシャンプーもあります。

育毛シャンプーの場合

育毛に関する成分が多いため、法律上は医薬部外品に分類されるものが多くなっています。

商品パッケージなどに、四角の枠で囲まれた中に「医薬部外品」と書かれていることで判別できます。

また、薬用シャンプーも医薬部外品のシャンプーです。

とはいっても、どんなシャンプーにも勝手に医薬部外品と書くと法律違反になります。

育毛シャンプーを医薬部外品に該当させるためには、おもに以下の条件が必要です。

  • 国が許可した効果を期待できる成分が一定の濃度で配合されていること
  • 国または県に届け出を出していること

つまり、医薬部外品に分類される育毛シャンプーは、一定のお墨付きをもらっています。

ただし、医薬品のように効果の保証はないので、その点は注意してください。

③価格の違い

一般的なシャンプーの場合

大量生産が可能なため、価格は非常に安くなっています。

価格帯も1本あたり数百円で購入できます。

育毛シャンプーの場合

一般的なシャンプーと比べて、価格は高めです。

1本あたり3,000〜5,000円台が相場です。

ただし、まとめ買いや定期お届けコースで1本あたりの価格を安くできます。

「とはいっても、いきなり数千円出すのはちょっと抵抗があるな」

そのような方のために、

  • 30日間のお試し期間
  • 全額返金保証制度

を用意している育毛シャンプーがあります。

価格が高いからこそ、自分にあった納得する育毛シャンプーを見つけるために、これらの制度を利用するのも1つの方法です。

育毛シャンプーと一般的なシャンプーの違いのまとめ

一般的なシャンプーは、おもにこのような特徴があります。

  1. 洗浄に特化している
  2. 法律上は化粧品に分類されることが多い
  3. 価格は安い

薬用シャンプーは、おもにこのような特徴があります。

  1. 育毛に期待できる特化した成分が配合されている
  2. 法律上は医薬部外品に分類されることが多い
  3. 価格は高めだが返金保証で試せる商品もある

つまり、シャンプーの目的や効果、特徴を知ることが、育毛シャンプー選びにはとても大切です。

育毛シャンプーと育毛剤の違い

育毛シャンプーを選ぶにあたり、他に気になるのは育毛剤との違いではないでしょうか?

では、育毛シャンプーと育毛剤では、どんな違いがあるのか?

3つの観点で比較して説明していきます。

①効果や目的の違い

育毛シャンプーの場合

髪や頭皮の洗浄にプラスして、頭皮環境を整えるのが大きな目的です。

畑に例えるなら、汚れに該当する雑草や石を取り除き、地面を耕して野菜が成長しやすい環境にすることです。

育毛剤の場合

育毛シャンプーに比べ、育毛効果が期待できる成分が多く配合されています。

おもに以下の効果が期待できます。

  1. 血行促進作用
  2. 抗炎症作用
  3. 毛根や毛母細胞の活性作用
  4. 薄毛を促進させる男性ホルモンの抑制作用

畑に例えるなら肥料や水、日光に該当し、野菜の成長を促進させる目的があります。

②法律上の分類の違い

育毛シャンプーの場合

医薬部外品または化粧品に分類されます。

洗浄目的をはじめ、薄毛の進行防止など緩やかな作用にとどまります。

育毛剤の場合

医薬品に該当する育毛剤が多くあり、より効果が期待できます。

医薬品の育毛剤は、以下の3つのどれかに分類されます。

  • 第一類医薬品
  • 第二類医薬品
  • 第三類医薬品

第一類医薬品の方が効果は高い一方、副作用にも注意が必要です。

病院で処方される医療用医薬品と違い、店頭や通販でも購入できます。

代表的な医薬品の育毛剤として、リアップがあります。

③形状や使用方法の違い

育毛シャンプーの場合

使用方法は髪や頭皮につけて洗浄するのみです。

形状もシャンプーボトルのみになります。

育毛剤の場合

頭皮にスプレーするタイプだけでなく、飲むタイプもあります。

形状もタイプに応じて異なります。

育毛シャンプーと育毛剤の違いのまとめ

育毛剤は育毛シャンプーの効果を高めたもの、そして医薬品があります。

では、育毛シャンプーは不要なのか、育毛剤だけでいいのか、といったらそのようなことはありません。

個人差はありますが、育毛シャンプーのみで効果を感じた方もいるからです。

また、頭皮や髪が汚れなどで環境が乱れている状態で、いくら育毛剤をつけても効果が実感しづらいこともあります。

育毛シャンプーで頭皮環境を整えて、育毛剤をつけることで、より高い効果も期待できます。

育毛シャンプーの正しい選び方

今までの内容を踏まえながら、育毛シャンプーの正しい選び方をご紹介します。

天然成分が配合されていること

おもにアミノ酸系シャンプーを選ぶようにしましょう。

とはいっても、アミノ酸に該当する成分はたくさんあり、見極めるのは大変です。

そこで、以下のような天然成分が多く配合されている、育毛シャンプーを選びましょう。

  • ○○エキスなど植物由来の成分が配合されている
  • 植物の名前が含まれる成分がある
  • 食べ物で使用される成分がある

成分名を見て、いかにも人工的な化学成分が感じられるものがない、または少ないものを選びましょう。

また、以下の成分は育毛シャンプーを含め、多くのシャンプーに含まれ、天然由来の成分が多く安全です。

  • グリチルリチン酸2K(植物の甘草由来の有効成分)
  • 精製水(いわゆる水)
  • ラウリン酸(植物のココナッツ由来で抗菌や殺菌作用がある)
  • BG(化粧品をはじめ多く使われ保湿成分があるアルコール由来の成分)

これらの内容をもとに育毛シャンプー選びの参考にしてください。

人工的な香料や着色料や保存料が少ないこと

一例として以下のような成分が該当します。

  • 香料
  • 安息香酸ナトリウム(保存料)
  • 着色料

これらが配合されていない、または少ないものを選びましょう。

または、天然成分で作られたものであれば問題ありません。

髪や頭皮に刺激を与えない成分が少ないこと

一般的なシャンプーには、以下の成分が多く配合されています。

  • ラウリル硫酸Na
  • ラウレス硫酸Na

Naはナトリウムの略称です。

厳密には違う成分ですが、どちらも同じような効果があります。

どのような効果があるかといったら、洗浄効果です。

ただし、洗浄効果が非常に強いため、乾燥肌や頭皮環境を乱します。

硫酸という言葉の響きもちょっと怖いですよね。

成分名に「硫酸」と配合されている育毛シャンプーは、できれば避けるのが無難です。

口コミや評判のいいものを選ぶ

パソコンやスマホから、以下の方法で検索することで、口コミや評判を確認できます。

  • 「育毛シャンプー名 口コミ」
  • 「育毛シャンプー名 評判」
  • 「育毛シャンプー名 効果」

これらのキーワードで検索するか、レビューサイトを確認しましょう。

ただし、どんなものにも必ず短所やデメリット、ネガティブな内容はあります。

口コミや評判を見て、妥協できる内容であるかも踏まえ、確認しておきましょう。

お試し期間や返金保証があるものを選ぶ

やはり口コミや評判を見ても、本当にその育毛シャンプーが自分に合うかどうかは、使わないとわかりません。

そこでおすすめなのは、お試し期間や返金保証制度があるものを選びましょう。

育毛シャンプーの正しい選び方のまとめ

以下の点を参考にして、育毛シャンプーを選びましょう。

  • 天然由来の成分が多く含まれるアミノ酸系シャンプー
  • 口コミや評判のいいもの
  • お試し期間や返金保証制度があるもの

これらを参考にすれば、自分にあった育毛シャンプーを見つけることが可能になります。

「とはいっても、調べるのがメンドウ」

「おすすめの育毛シャンプーを早く手に入れたい」

そのようなあなたでしたら、この先におすすめの育毛シャンプーをランキング形式で5つ紹介しています。

よかったらあわせて参考にしてくださいね。

育毛シャンプーの購入方法

「育毛シャンプーを手に入れたい」

と思っても購入方法がわからなければ意味がありません。

育毛シャンプーの購入方法は、大きく分けて以下の2つの方法があります。

  • 店頭で購入する
  • 通販で購入する

それぞれのメリットやデメリットを紹介します。

店頭で購入する

メリット:手に取って確認できる

ドラッグストアにあれば、実際に手に取って確認できます。

また、気に入ればすぐに購入することができます。

デメリット:取り扱いが少ない

通販のみの取り扱いも多く店頭にないこともあります。

また、会計で対面して購入するのに抵抗がある人には向いていません。

通販で購入する

メリット:誰にも知られずに購入できる

箱に詰められて送付されるので、中身を知られる心配がありません。

発送伝票の品名欄にも、育毛シャンプーとわからないような配慮をしているところもあります。

メリット:時間帯や配送場所の指定ができる

日中不在になりがちな場合、時間帯や配送場所を指定できるところもあります。

メーカーにより条件等が異なりますので、確認することをおすすめします。

デメリット:価格は高め

一般的なシャンプーに比べ、製造の手間もかかるため価格は高めです。

定期お届けコースやまとめ買いにより、単体で購入するより割引が可能です。

店頭と通販ならどっちがおすすめ?

継続して育毛シャンプーを使うなら通販がおすすめです。

理由としては、以下のとおりです。

  • 通販のみで取り扱っている育毛シャンプーが多いから
  • 中身を知られず指定場所まで届けてくれる
  • 定期お届けコースやまとめ買いでオトクに購入できる

そもそも育毛シャンプーとは?

育毛シャンプーには、何か法律上の定義はありません。

「これが育毛シャンプーです」と各メーカーがそう呼んでいるだけです。

では、何を基準に育毛シャンプーと定義しているのか?

おもに以下の2つの共通点があります。

共通点【1】:育毛に効果が期待できる成分が配合されている

育毛に効果が期待できる成分が、一般的なシャンプーより多く配合されています。 配合されている成分は育毛シャンプーメーカーにより異なります。

共通点【2】:育毛シャンプーは医薬部外品か化粧品に分類される

薬機法(旧薬事法)の法律上、一般的なシャンプーを含め育毛シャンプーは以下の2つに分類されます。

  1. 医薬部外品
  2. 化粧品

薬機法には上記以外にも、医薬品があります。

なぜ育毛シャンプーに医薬品はないのかといったら、病気の治療を目的としていないからです。

そして医薬品で使用できる、治るや治療という言葉も使用することができません。

そのため、効果が期待できるといった、間接的な表現しか使用できません。

医薬部外品は、医薬品より作用が穏やかで、防止効果が期待できるものに定義されます。

化粧品は、おもに肌をキレイにするものに定義されます。

育毛シャンプーについてのポイント

  1. 育毛シャンプーに法律上の決まりはない
  2. 育毛に効果が期待できる成分が多く配合されている
  3. 医薬部外品または化粧品のどちらかに分類される

薬用シャンプーとはどんなシャンプーなの?

薬用シャンプーと呼ばれる育毛シャンプーがあります。

実はこれ医薬部外品のシャンプーのことです。

つまり「薬用シャンプー = 医薬部外品のシャンプー」ということです。

逆に医薬部外品ではないシャンプーを、薬用シャンプーと呼ぶことはできません。

育毛シャンプーの効果的な使い方

育毛シャンプーの効果を引き出すには、正しい使い方を知ることが重要です。

基本的には、それぞれの育毛シャンプーの説明に沿って使います。

共通する流れとしては以下の手順で行います。

手順① シャワーで髪をしっかり濡らす

40度前後のお湯で髪をしっかり濡らし、髪や頭皮についた皮脂や汗、汚れやホコリを落とします。

整髪料をつけていない場合には30秒前後、つけている場合には1分前後しっかり濡らします。

こうすることで髪や頭皮に水分が行き渡り、泡立ちやすくなります。

また、お湯で温めたことで毛穴が広がり、育毛シャンプーの成分が頭皮の奥に行き渡りやすくなります。

手順② 頭全体になじませる

育毛シャンプーの説明に従い、適量を手のひらに出します。

両手で頭全体に育毛シャンプーを行き渡らせて、髪と頭皮になじませます。

手順③ シャンプーをする

爪を立てずに指の腹を使って、揉むような感じでシャンプーをします。

シャンプーする順番は、後頭部から前頭部に向かって行うと、まんべんなくシャンプーできます。

手順④ 泡パックする

育毛シャンプーにより、3分程度泡パックするものがあります。

育毛シャンプーの成分が髪や頭皮に行き渡るように、しばらく放置します。

待つのが面倒な場合には、この間に体を洗うことで時間を節約できます。

手順⑤ すすぐ

シャワーで頭全体をしっかりとすすぎ、泡や汚れが残らないようにしましょう。

手順⑥ タオルで拭く

お風呂から出たあとは、濡れた髪をタオルで拭きます。

タオルで拭く前に、髪の水気をある程度切っておきます。

タオルで拭く場合には、ゴシゴシこすらずに揉むような感じで拭きます。

手順⑦ ドライヤーで乾かす

ドライヤーは頭から15センチ程度離して、こまめに動かしながら素早く乾かします。

1つの場所に長時間当てないようにしましょう。

髪が長い場合、髪を持ち上げながら髪の奥や頭皮まで乾燥させます。

育毛シャンプーのよくある9つの疑問

育毛シャンプーを使う際に、よくある9つの疑問について説明します。

疑問① 自然乾燥はダメなの?

髪が長時間濡れたまま、自然乾燥させるのはよくありません。

髪は濡れると、キューティクルが開いたままとなり、髪から水分が抜けてダメージヘアの原因となります。

また、蒸れると雑菌が繁殖しやすくなり、髪だけでなく頭皮にもダメージが加わります。

このような理由から、ドライヤーを使って素早く乾かすようにしましょう。

疑問② 育毛シャンプーの頻度は?

毎日シャンプーすることをおすすめします。

見た目は汚れていなくても、頭皮は皮脂や汗で汚れているからです。

とくに整髪料を使用している場合、その成分が髪や頭皮に悪影響を及ぼします。

頭皮環境を正常に戻して、早く効果を実感するためにも、毎日シャンプーを行いましょう。

疑問③ 二度洗いは必要なの?

基本的には1回のみで構いません。

ただし、育毛シャンプーによっては、二度洗いを推奨しているものがあります。

それぞれの育毛シャンプーにあわせて使い分けましょう。

疑問④ リンスやトリートメントの必要性は?

しないことをおすすめします。

一般的なリンスやトリートメントは、人工的な化学成分が多く、逆に髪や頭皮にダメージが加わるおそれがあります。

育毛シャンプーによってはセットで提供している、リンスやトリートメントを利用することをおすすめします。

疑問⑤ 整髪料はしないほうがいいの?

できればしないことをおすすめします。

整髪料の成分が頭皮に付着すると、毛穴の目詰まりを起こすことがあります。

また、整髪料が汚れを引きつけるため、しないことをおすすめします。

疑問⑥ 育毛剤との併用は可能なの?

基本的には併用しても問題ありません。

育毛シャンプーで頭皮環境をキレイにすることで、育毛剤の効果をより高めることも可能です。

ただし、併用したことで頭皮にトラブルが出た場合には、併用を控えるようにしましょう。

気になるようでしたら、使用する育毛シャンプーのメーカーに問い合わせることをおすすめします。

育毛シャンプーによってはセットで販売している、育毛剤を利用することをおすすめします。

疑問⑦ 育毛シャンプーで副作用は出るの?

アトピーやアレルギー、何らかの肌の疾患などを持っている場合、成分により副作用などが出るかもしれません。

育毛シャンプーの多くは、植物から抽出した天然成分が配合されています。

そのため、天然成分に反応するアトピーやアレルギーを持っている場合、副作用が出ることも考えられます。

どうしても使用してみたい場合、お試し期間や返金保証制度がある育毛シャンプーを使うのも、1つの方法です。

疑問⑧ 育毛シャンプーの効果が出るまでどのくらいかかるの?

効果の感じ方は人それぞれ違うため、個人差が出ます。

また、育毛シャンプーの成分も各メーカーにより変わるため、相性もあります。

そこで、お試し期間や返金保証制度をうまく利用するのも、1つの方法です。

疑問⑨ 育毛シャンプーの効果をより高めるのは?

やはり生活習慣の改善が、育毛シャンプーの効果を高めます。

いくら、いい育毛シャンプーを使っても、生活習慣が乱れていたら、効果が出にくくなります。

育毛シャンプーの効果を高める生活習慣の改善は、以下のようなものがあります。

  • 睡眠時間を6時間以上取る
  • お酒やタバコを控える
  • 脂っこい食事を避ける
  • 運動をして血行をよくする
  • ストレスを減らす

すべては難しくても、1つでも改善を行うことで、より効果を高めることができます。

まとめ

ここまで、以下の内容を詳しく紹介しました。

  • 育毛シャンプーの基礎知識
  • 育毛シャンプーの正しい選び方
  • おすすめの育毛シャンプー
  • 育毛シャンプーの効果を高める方法

少しでも育毛の効果を高めたいなら、これらの内容を理解して日々対応を行うことが必要不可欠です。

今回紹介した内容を何度も見ていただいて、少しでも育毛シャンプーの効果を引き出し、育毛に結びつけてくださいね。

2018年の売れ筋|おすすめ育毛剤ランキング

チャップアップ
4.7点 / 5点
1本5,980円〜(約一か月分)
イクオス
4.3点 / 5点
1本5,980円〜(約一か月分)
フィンジア
4.2点 / 5点
1本9,980円〜(約一か月分)
ボストン スカルプエッセンス
4点 / 5点
1本6,600円〜(約一か月分)
プランテルEX
3.9点 / 5点
1本6,980円〜(約一か月分)