男性に効果的な育毛剤おすすめランキング7選|男ならではの薄毛対策

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

「育毛剤は効かない」と勘違いをして、そのまま薄毛を受け入れてしまうのは人生をあまりにも損してしまっています。チャップアップ以降の育毛剤は、旧来のものとは全く別次元の効果があるものだと考えなくてはいけません。

この記事では2018年における最新の育毛剤技術を解説した上で、現在人気の7つの育毛剤をランキング形式で紹介します。さらに、効果的な使い方や副作用の有無など、育毛剤に関する情報はこの記事を読めば完全に把握できるようになっています。

ぜひ最後までしっかりと読み込んで、あなたの薄毛治療のパートナーとなりうる最良の育毛剤を見つけてください!

育毛剤ランキングまでスキップ!

2018年の人気の育毛剤はどのような特徴がある?

現在人気の育毛剤には以下のような育毛技術が導入されています。

  1. 男性ホルモン対策「DHTブロッカー」
  2. キャピキシルに代表される血行促進成分
  3. 成分浸透技術
  4. 頭皮環境を整える

それぞれの特徴と効果を見ていきましょう。

男性ホルモン対策「DHTブロッカー」

2018年現在、育毛剤において最重要技術とされるのが「DHTブロッカー」です。新世代の育毛剤と旧来の育毛剤を分ける最も重要なポイントは、DHTブロッカーが搭載されているかどうかと言ってもいいかもしれません。

DHTブロッカーとは、薄毛の根本原因である異常な男性ホルモンが体内で生成されるのを防ぐ成分のことです。

男性の薄毛の90%以上はAGA(男性型脱毛症)です。

おでこの生え際が徐々に後退し、後頭部のつむじ部分も同時に薄くなるタイプです。

おそらくこのページを見ているあなたもまさにAGAそのものでしょう。

AGAがなぜ発症するのかというと、一言で言ってしまえば「男性ホルモンの異常」です。本来は男性にとって有用な働きをする男性ホルモンの「テストステロン」が体内の酵素と結びつくことで「ジヒドロテストステロン(以下DHT)」と呼ばれる悪玉の男性ホルモンに変質してしまうのです。

テストステロン(善玉) → 特殊な酵素と結合 → DHT(悪玉)

DHTは髪の毛の生え変わりサイクルを狂わせます。健康な髪の毛であれば本来数年間は生えっぱなしのはずが、DHTによってたったの数ヶ月で抜け落ちてしまいます。そうすると、新しく生える本数よりも抜け落ちる本数の方が多くなってしまい、徐々に薄毛が進行してしまうのです。

これこそが男性の薄毛の原因です。

全ては異常な男性ホルモンであるDHTが原因だったのです。

つまり、薄毛を食い止めるにはDHTをどうにかしなければいけません。

逆に言えば、DHT対策をしなければ薄毛は絶対に治りません。

このような背景から、2018年の人気育毛剤には必ずと言ってもいいほどDHTブロッカーが配合されています。10年以上前の育毛剤と、現在の育毛剤の決定的な違いはここにあります。

キャピキシルに代表される血行促進成分

DHTと並んで重視されているのが、キャピキシルという成分に代表される「血行促進成分」です。

血行促進とは、血液の流れをスムーズにするということです。

頭皮付近の血液がスムーズに流れないと、髪の毛の健全な成長に大きな悪影響を与えます。

なぜなら、髪の毛を作るための必要な栄養素は、全て血液を通して毛根に届くからです。血液の流れが極端に悪くなると、毛乳頭細胞に栄養素が行き渡らなくなり、髪の毛が生える速度も落ちてしまいます。また、せっかく生えた髪の毛も細く弱々しい状態となり、全体のボリュームにも影響が出てしまいます。

最新の育毛剤は血行促進に力を入れるようになっており、その代表格がキャピキシルという成分です。キャピキシルは、育毛医薬品であるリアップの有効成分であるミノキシジルよりも3倍ほど効果が高く、それでいて副作用は小さいという夢のような育毛成分なのです。

成分浸透技術

古い育毛剤は、育毛成分をとにかく多く配合すればいい!という安易な考え方で作られていました。

しかし、いくらDHTブロッカーやキャピキシルが大量に育毛剤に配合されていても、それが頭皮を通過して髪の毛を作り出す毛乳頭細胞に届かなければ意味がありません。頭皮に浸透しなければ、せっかくの育毛成分も蒸発してしまうのです。

そこで最新の育毛剤は「成分浸透技術」を導入することで、無駄なく育毛成分を浸透させる点にもこだわっています。

具体的な手法は後で解説しますが、

  • 育毛成分を限りなく小さくするナノ化
  • 人間の発汗作用を利用したSPEテクノロジー

頭皮環境を整える

頭皮環境があまりにも悪すぎると髪の毛がきちんと生えてこないことがあります。

・皮脂が毛穴に詰まりすぎている

過剰に皮脂が毛穴に詰まっていると、育毛剤の成分が毛穴の奥の毛根部分に達することができなくなります。

・頭皮が炎症を起こしている

カラーリング・白髪染めやパーマ、あるいは紫外線の浴びすぎで頭皮は簡単に炎症を起こします。炎症を起こした頭皮付近の毛乳頭細胞は炎症を治すことに専念してしまい、髪の毛を生やすことを放棄してしまう性質があります。

このような頭皮の環境をより良くすることで育毛効果を引き出すのも、育毛剤にとって重要な仕事の1つです。

この中から選べば間違いなし!
2018年人気育毛剤ランキングトップ7

それでは、DHTブロッカーやキャピキシルなど、現在人気の育毛剤トップ7を見ていきましょう。どの育毛剤も最新の育毛理論を反映させたものばかりで、多くの利用者が育毛効果を実感しているものばかりです。

その中でもチャップアップ、フィンジア、イクオスのトップ3つの育毛剤は「御三家」とも呼ばれる圧倒的存在です。もしどの育毛剤を使えばいいか迷ったらトップ3から選ぶと間違いないでしょう。

🌟第1位🌟 チャップアップ

チャップアップの特徴

  1. DHTブロッカー「ノコギリヤシ」の質と量
  2. 圧倒的No.1の利用者数に裏付けされた育毛効果
  3. 無期限返金保証

育毛剤の代名詞的な存在とも言える「チャップアップ」。
その圧倒的な育毛効果を支えるのはDHTブロッカーである「ノコギリヤシ」の質と量です。

チャップアップ

ノコギリヤシはDHTブロッカーの定番で、他の育毛剤にも多く配合されています。熱に弱いデリケートな成分として知られており、育毛剤に配合する過程でその大部分が失われてしまう可能性があります。単に育毛剤に多く配合すれば、DHTブロッカーとして効果を発揮するような代物ではありません。

チャップアップの開発元はノコギリヤシの独自の配合技術を確立しているため、他のノコギリヤシ入り育毛剤とは一線を画すDHTのブロック力を備えています。

他のメーカーでは真似できないノコギリヤシの質と量。これこそが育毛剤の王様としてチャップアップが君臨し続けている要因なのです。

その圧倒的な育毛効果は、利用者数の多さとして明確に数字に現れています。育毛剤売り上げランキングで長年No.1を維持し続けており、後発の育毛剤を寄せ付けない強みを感じさせます。

育毛剤選びに悩んだのなら、チャップアップは最も有力な選択肢となるでしょう。

こういう人におすすめ!「体毛やヒゲが濃い人」

チャップアップは体毛やヒゲが濃い人におすすめです。

男性ホルモンが多い人は体毛やヒゲが濃くなりますが、その分DHTも多くなるため薄毛になりやすくなります。何とも皮肉な話ですが体毛が濃いほど頭の毛は薄くなってしまうのです。

チャップアップは男性ホルモン対策に強みを持っているため、体毛が濃い人には特におすすめできます。

内容量 120ml / 30日
有効成分 グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミンHCI、センブリエキス
頭皮ケア成分 70種類
効果効能 育毛促進、頭皮環境改善、保湿、発毛促進、脱毛因子の阻害
副作用 なし
返金保証日数 永久返金保証
価格 1本5,980円〜(約一か月分)
チャップアップ

🌟第2位🌟 フィンジア…最強の血行促進育毛剤

チャップアップと並んで2018年現在の育毛剤業界を引っ張っているのが「フィンジア」です。チャップアップ後に開発されただけあって、最新の育毛理論や技術を惜しみなく搭載している点が評価されています。

フィンジアの特徴

  1. キャピキシルとピディオキシジルの相乗効果で血行促進効果が凄い
  2. 最強の成分浸透技術「SPEテクノロジー」
  3. もちろんDHTブロッカーも搭載
フィンジア

フィンジアは血行促進に注力した育毛剤です。

メイン成分となるキャピキシルは、育毛医薬品であるリアップに配合されているミノキシジルの3倍もの効果を得られる凄い成分です。

キャピキシルと相乗効果を発揮するピディオキシジルも配合されているため、他の育毛剤と比べても桁違いの血行促進効果を発揮します。

さらに注目すべきは「SPEテクノロジー」という成分浸透効果です。フィンジアには発汗効果がある唐辛子成分(カプサイシン)が配合されています。

大量の唐辛子を食べると汗をかきますよね。汗をかいている間は毛穴が普段より広がっています。この現象を利用して育毛成分の浸透力をアップさせたのがSPEテクノロジーです。唐辛子成分によって広がった毛穴を通して、キャピキシルなどの血行促進成分などがしっかり浸透するのです。

もちろんDHTブロッカーも搭載されています。フィンジアはヒオウギエキスとビワ葉エキスという2つの成分を配合しています。

こういう人におすすめ!『食生活が乱れている、運動をしない、血圧が低い人』

脂っこいものや塩分が濃い食べ物が好きな人や、血圧が極端に低い人はフィンジアが向いているでしょう。食生活が乱れている人や、運動をしないで肥満体型になってしまっている人は、まず例外なく血行も悪くなっており、毛根に育毛成分が届きづらくなっています。

フィンジアは2つの血行促進成分の相乗効果に加えて、唐辛子成分による成分浸透効果に特徴があります。頭皮付近の毛細血管の血流を改善することで、薄毛を改善できる可能性が劇的に高まるでしょう。

内容量 50ml / 30日
有効成分 キャピキシル、ピディオキシジル、カプサイシン
頭皮ケア成分 10種類
効果効能 育毛促進、頭皮環境改善、保湿、発毛促進、脱毛因子の阻害
副作用 なし
返金保証日数 30日間
価格 1本9,980円〜
フィンジア

🌟第3位🌟 イクオス(IQOS)…屈指のバランス力

イクオス(IQOS)の特徴

  1. バランス力に定評がある
  2. 低分子ナノ水による浸透力
  3. 定番育毛成分M-034を改良したアルガス2

バランス力に定評があるのがイクオスです。DHT対策と血行促進のどちらか一方に偏るのではなく、どちらもしっかりと対策されている点が多くの薄毛男性に支持されています。

イクオス

2016年にリニューアルする前のイクオスの主力成分は、他の育毛剤にも配合されているM-034でした。このM-034に独自の海藻成分を加えて改良したのが「Algas-2(アルガス-2)」です。M-034が元々持っていた血管拡張作用、保湿作用に加えて、毛乳頭細胞の再生化に成功しています。

また、低分子ナノ水を使うことによって育毛成分が頭皮に浸透しやすくなっています。

イクオスはDHT対策、血行促進、保湿による頭皮環境の改善など全ての面で高いレベルを保っており、まさにバランス力では育毛剤屈指と言えるでしょう。

こういう人におすすめ!『育毛剤にバランス力を求める人』

上位3つの育毛剤のうち、チャップアップはDHT対策、フィンジアは血行促進に強みを持ちます。

それに対してイクオスはどちらか一方に効果を偏らせるのではなく、全ての面でバランスのいい効果を得られるように育毛成分を配合しています。

育毛剤にバランス力を求める人はイクオスが向いているでしょう。

内容量 120ml / 30日
有効成分 グリチルリチン酸ジカリウム、塩酸ジフェンヒドラミン、センブリエキス
頭皮ケア成分 61種類
効果効能 育毛促進、頭皮環境改善、保湿、発毛促進、脱毛因子の阻害
副作用 なし
返金保証日数 45日間
価格 1本5,980円〜
イクオス

🌟第4位🌟 BOSTON スカルプエッセンス

BOSTON スカルプエッセンスの特徴

  1. 育毛サプリとして有名なBOSTONシリーズの育毛剤
  2. キャピキシルとピディオキシジルの相乗効果で血行促進効果
  3. 医学雑誌にエビデンス(育毛効果)が掲載
  4. フラーレンによって活性酸素を除去

育毛サプリとして1、2位を争う人気の「BOSTON」。サプリ開発で培った技術を活かした育毛剤が「BOSTON スカルプエッセンス」です。

ボストン スカルプエッセンス

最大の特徴は2つの血行促進成分が相乗効果で働く点でしょう。定番のキャピキシルに加えて、ピディオキシジルも同時配合しているBOSTON スカルプエッセンスは、同じ配合成分のフィンジアと並び血行促進効果では図抜けた効果を持っています。

ピディオキシジルは、育毛医薬品成分のミノキシジルから心臓への負担などの副作用を取り除いた成分です。また、ミノキシジル固有の肌へのかぶれ作用も軽減しています。つまり、ミノキシジルの育毛効果は維持したまま、欠点である副作用の強さを軽減しているありがたい成分なのです。

このピディオキシジルとキャピキシルはどちらも血行促進効果を持っていますが、その作用メカニズムは微妙に異なります。同時に使用することで頭皮付近の毛細血管の血流を劇的に改善し、発毛を促します。

医学雑誌にエビデンス(育毛効果の証明)が掲載されるなど、ピディオキシジルとキャピキシルの相乗効果は医学界からもお墨付きです。

また、フラーレンという活性酸素を除去する成分が含まれていることも見逃せません。活性酸素は肌や血管の老化を促す、人間にとっては大敵の存在。抗酸化作用が衰える30代以上に急激に増加し、抜け毛の原因の1つにもなります。フラーレンが活性酸素を除去することで頭皮付近の毛細血管の硬化が軽減され、さらに血流改善効果が高まります。

BOSTON スカルプエッセンスはまさに「頭皮の血流改善のプロフェッショナル」なのです。

その反面、DHTブロッカーとしての働きは若干弱い傾向にあります。BOSTONサプリにてDHTブロッカーは補給できますので、できれば育毛剤とサプリを併用するといいでしょう。

こういう人におすすめ!

  1. 血行が悪い人
  2. 科学的な育毛効果が立証されている育毛剤を探している人
  3. BOSTONサプリをすでに飲んでいる人
内容量 60ml / 30日
有効成分 ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、デキストラン
頭皮ケア成分 34種類
効果効能 育毛促進、頭皮環境改善、保湿、発毛促進、脱毛因子の阻害
副作用 なし
返金保証日数 45日間全額返金保証
価格 1本6,600円〜(約一か月分)
ボストン スカルプエッセンス

🌟第5位🌟 プランテル

プランテルの特徴

  1. ヒオウギエキスによるM字ハゲ対策
  2. つむじ対策は若干弱め
  3. 円形脱毛症に効果があるセファランチン配合

M字ハゲに特化した強みを持つのが「プランテル」です。

プランテル

男性の薄毛は大きく分ると2箇所で進行します。

  1. M字型…おでこの生え際が後退する
  2. つむじ型…後頭部のつむじが薄くなる

脱毛を促す悪玉男性ホルモンのDHTには、M字部分とつむじ部分のどちらか一方に強く反応する性質を持っており、どちらが先に薄毛化するかは人の体質によって異なります。

もしあなたがM字型の初期の薄毛であればプランテルという選択肢はありでしょう。イソフラボンを多く含むヒオウギエキスやセンブリエキスなどを中心に、M字部分に強く作用するDHTの生成を抑える育毛成分が多数配合されています。

育毛剤としては珍しく、円形脱毛症に対して効果があるセファランチンが配合されている点も特徴的です。円形脱毛症自体を治す効果までは見込めませんが、予防的に使用する分にはいいでしょう。

こういう人におすすめ!

  1. M字ハゲの人
  2. 仕事のストレスなどで円形脱毛症の兆候がある人
内容量 150ml / 30日
有効成分 グリチルリチン酸2K、センブリエキス、ヒオウギエキス
頭皮ケア成分 10種類以上
効果効能 育毛促進、頭皮環境改善、保湿、発毛促進、脱毛因子の阻害
副作用 なし
返金保証日数 30日間
価格 1本6,980円〜(約一か月分)
プランテル

🌟第6位🌟 REDEN(リデン)

REDEN(リデン)の特徴

  1. ヘアサイクルの脱毛期間を短縮するリデンシルを配合
  2. 男性ホルモンDHTには直接作用しない
REDEN(リデン)

REDEN(リデン)のメインとなる育毛成分はリデンシルです。スイスで開発されたこの新しい成分は、悪玉男性ホルモンDHTによって乱れてしまったヘアサイクルを正常に戻す効果があります。

DHTが頭皮付近に増えると、数年間は生えているはずの髪の毛が数ヶ月で抜け落ちるようになります。その後、抜けてしまった毛根は「休止期」に入り、1年程度は全く髪の毛が生えてきません。これがDHTによるヘアサイクルの阻害作用で、大半の男性の薄毛の原因となっています。

他の育毛剤はDHT自体の生成を抑えることでヘアサイクルを正常に戻そうとします。それに対し、リデンシルのアプローチは異なります。DHTのことはいわば「放ったらかし」にした上で、毛乳頭細胞を活性化させることで休止期に入った毛根からすぐに髪の毛が生えてくるように促すのです。

DHT自体を減らすのが最も確実な育毛対策ではありますが、どうしても体質上DHTが減らない人もいます。そういった特殊な体質の人に対してもリデンシルが配合されたREDEN(リデン)なら、薄毛対策が可能となるでしょう。

また、リデンシルを構成する成分の1つである「チャ葉エキス」は頭皮の炎症を抑える効果があります。紫外線などを長期間浴び続けると頭皮が炎症し、発毛に影響が出てしまいます。屋外で仕事をする人やトラックの運転手など、紫外線とは避けて通れない職種の男性に対しては選択肢となりうるでしょう。

向いている人

  1. 他のDHTブロッカー育毛剤が効かなかった人
  2. 屋外で働く人や、トラックの運転手など紫外線の影響を受ける人
内容量 90ml / 30日
有効成分 グリチルリチン酸ジカリウム、グアニル酸2Na、センブリエキス
頭皮ケア成分 50種類
効果効能 育毛促進、頭皮環境改善、保湿、発毛促進、脱毛因子の阻害
副作用 なし
返金保証日数 永久返金保証
価格 1本9,800円〜(約一か月分)
REDEN(リデン)

🌟第7位🌟 スカルプ5.0C

スカルプ5.0Cの特徴

  1. 2つの成分浸透技術の相乗効果
  2. 毛穴よりはるかに小さいナノ化&マイナスイオン水によって毛穴の皮脂を突破しやすい
  3. キャピキシル配合
ザ・スカルプ 5.0c

ザ・スカルプ5.0Cは、よくあるキャピキシル系育毛剤とは一線を画しています。その最大の特徴は「ナノ化」。育毛成分を極限まで小さくすることで、毛穴を突破して毛根に成分が届きやすくする成分浸透技術が搭載されているのです。

毛穴から成分を浸透させる育毛剤にとって、天敵とも言える存在が人間の頭皮には潜んでいます。それが「皮脂(ひし)」です。毛穴にごっそりと詰まっている皮脂は、育毛成分が毛穴の奥の毛乳頭細胞に届くのをブロックしてしまうのです。

ザ・スカルプ5.0Cのナノ化技術は、毛穴の数万分の1の小ささにまで育毛成分を小さくし、皮脂の壁を突破します。ザ・スカルプ5.0のナノ化技術であれば、貴重な育毛成分を余すことなく体内に浸透させることができるのです。

さらに育毛剤に含まれる水分を全て「マイナスイオン水」に置き換えているのも成分浸透に役に立っています。通常の水分だと、どうしても他の成分との作用によって酸化してしまい、育毛成分が劣化してしまいます。工場で生産されてから数ヶ月経つと、中の成分が酸化によって劣化してしまい、浸透力も薄れてしまいがちなのです。マイナスイオン水であれば酸化することなく、工場で生産された直後と変わらない浸透力を維持することができるのです。

ナノ化&マイナスイオン水の2つの成分浸透技術によって、キャピキシルに代表される育毛成分を毛穴の奥の奥にまでしっかりと届けることができるのが、ザ・スカルプ5.0Cの最大の強みと言えるでしょう。

こういう人におすすめ!

・頭皮がベタベタしている人、皮脂が多い人

内容量 80ml / 30日
有効成分 グリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキス、センブリエキス
頭皮ケア成分 47種類
効果効能 育毛促進、頭皮環境改善、保湿、発毛促進、脱毛因子の阻害
副作用 なし
返金保証日数 60日間返金保証
価格 1本4,980円〜(約一か月分)
ザ・スカルプ 5.0c

結局どの育毛剤を選べばいいの?

この記事で紹介した7つの育毛剤。

どれも素晴らしい育毛効果を持つものばかりですが、選択肢が多すぎて、結局のところどれを選べばいいのか途方に暮れてしまう人もいるかもしれません。

7つの育毛剤のうちどれか1つに決めきれない人は、チャップアップ・フィンジア・イクオスの御三家から選べば間違いはないでしょう。

他の新世代育毛剤と比べて利用者数が圧倒的多く、効果の裏付けがハッキリとしています。また、返金保証などのサポート面も充実しているために、育毛剤初心者の最初の1本として選びやすい側面があります。

まずはチャップアップ・フィンジア・イクオスのうちどれか1つを選んでみて、使い心地などが気に入らなければ他の育毛剤に変えてみるといいかもしれません。

効果的な育毛剤の使い方とは

お風呂上がりに使う

お風呂上がりは最も育毛剤の効果を高められる「ゴールデンタイム」です。熱いお湯に浸かった後は全身の血行が良くなっており、それは頭皮付近の毛細血管も例外ではありません。血行が良ければ、それだけ育毛成分が毛根部分に届きやすくなります。

また、体温が上がると汗をかくため、毛穴が開きやすくなります。育毛剤のように頭皮から成分を浸透させるタイプは、毛穴が適度に開いている状態だと成分が浸透しやすい傾向にあります

さらにシャンプーをした後なら毛穴に詰まっていた皮脂が適度に除去されているため、成分がより頭皮の奥に入り込みやすくなります。

できるだけお風呂あがりに育毛剤を使うようにしましょう。

頭皮マッサージをしながら使う

頭皮を指で適度にマッサージすることで、頭皮付近の毛細血管の血流改善効果が見込め、育毛成分が毛根に届きやすくなります。指の手のひらなどで軽く圧迫しながら育毛剤を使うようにしましょう。

ただし、あまりにも強い頭皮マッサージは逆効果。一部分を強く押しすぎたり、爪を立ててしまったりするのは厳禁です。頭皮が傷ついてしまい、育毛どころではなくなってしまいます。

育毛剤は推奨量を使う

「少しでも育毛効果を高めたい」「早く髪の毛を生やしたい」と焦るあまり、育毛剤メーカーが推奨する使い方をはるかに超える頻度で使ってはいけません。

例えば1日2回使うことが推奨されている育毛剤があるとしましょう。それを朝昼晩の3回程度使うぐらいならば特に問題はありません。

しかし、2時間おきに1日10回程度使うのは危険です。頭皮がかぶれてしまい、逆に頭皮環境が乱れて薄毛が進行してしまうことも考えられます。育毛剤はなるべく育毛剤メーカーの推奨量を守るようにしましょう。

育毛剤の副作用について

基本的に育毛剤に副作用はありません。

通常の使い方をしている限りでは、育毛剤で大きな副作用を感じることはまずありません。起こりうる副作用といえば、人によっては肌がかぶれる程度でしょう。それに対して、育毛医薬品では副作用の大きさが目立ちます。

  1. 育毛剤 → 肌がかぶれる程度
  2. リアップなどミノキシジル系医薬品 → 心臓疾患など
  3. プロペシアなどのフィナステリド系医薬品 → ED、肝機能障害など

せっかく髪の毛が生えたとしても、副作用でEDになってしまっては本末転倒です。育毛医薬品は効果が高い反面、このように副作用も大きくなってしまう傾向にあり、誰もが気軽に利用できるものではありません。

肌のかぶれなどの副作用が気になって、育毛剤の使用を躊躇している人も安心してください。使用を中止すれば肌のかぶれはすぐに改善します。EDや肝機能障害などのように使用中止後も症状が残り続けることはありません。

また、多くの育毛剤は「返品保証制度」を導入しています。肌に合わずに副作用が生じたり、育毛効果が感じられなかったりした場合は、一定期間なら返品することができます。

このように副作用を恐れずに気軽に使えるのが育毛剤のいいところでしょう。

育毛剤Q&A

育毛剤は併用しても大丈夫?

育毛剤の併用はあまりおすすめできません。

成分が重複すると思わぬ肌トラブルにつながる恐れがあるからです。

例えばフィンジアとBOSTONスカルプエッセンスを併用してしまうと、「キャピキシル」という成分がどちらにも含まれているので重複してしまいます。メーカーが推奨するキャピキシルの使用量を大幅に超えてしまえば、肌がかぶれる恐れがあります。

できれば育毛剤&育毛剤という組み合わせではなく、育毛剤&育毛サプリという組み合わせにしましょう。

同一メーカーが推奨している同じシリーズの育毛剤&育毛サプリだと、あらかじめ併用することを想定して成分配合されているので安全です。

いい組み合わせ例

育毛剤:BOSTON スカルプエッセンス

育毛サプリ:BOSTONサプリ

女性が育毛剤を使っても大丈夫?

女性は女性向けの育毛剤を使うようにしましょう。

男性ホルモンに作用するDHTブロッカーは、女性が使うと副作用が生じることがあり、特に妊娠中の場合は避けた方が無難です。妊娠中の女性が家庭内にいる場合は、肌に触れないよう取扱いに注意してください。

どのぐらいで効果が出る?1ヶ月ほどでフサフサになる?

最新の育毛剤は効果が出るのが早くなってきていますが、それでも1ヶ月で薄毛が改善するのはなかなか厳しいものがあります。できれば3ヶ月以上は使いましょう。

そのため、単品購入ではなく最初から定期購入コースを利用するといいでしょう。

【まとめ】1日でも早く育毛剤の力を借りよう!

10年ほど前までの育毛剤は、お世辞にも育毛効果が高いとは言えませんでした。

その状況を塗り替えたのが、育毛剤の王様とも形容される「チャップアップ」です。

育毛剤にこれまで興味が無かった人でも、1度ぐらいは名前を聞いたことがあるかもしれません。

チャップアップは、男性の薄毛の原因の大半を占める「異常な男性ホルモン(DHT)」に対して、初めて本格的に対応した育毛剤です。異常な男性ホルモンを抑制するDHTブロッカーと呼ばれる物質を大量に配合することで、それまでの育毛剤とは決定的に違う育毛効果を叩き出しました。

まさに革命的な育毛剤だったのです。

発売当初はその効果に懐疑的な目を向ける人もいましたが、3ヶ月〜半年ほどで徐々に口コミ効果が高まり、今や育毛剤の王様的な存在にまで上り詰めています。

10年以上前に育毛剤を試してみて効果が無かった人や、父親など上の世代が育毛剤の恩恵を全く受けられなかった様子を見て「育毛剤には効果が無い」と判断してしまっている人は多くいるでしょう。

しかしそういった育毛剤に対する印象はもはや間違いです。

薄毛対策として食生活を改善したり、運動をしてダイエットしたり、タバコをやめたりするのはもちろん良いことです。しかし、残念ながらそれだけで薄毛が治ることは100%ありません。

  1. 男性ホルモン異常
  2. 血行不良
  3. 紫外線の影響
  4. 皮脂が多すぎる

男性の薄毛にはこのようなさまざまな原因が複雑に絡み合っており、これらの原因に全て対処して初めて薄毛は治る可能性が見込めるのです。生活習慣の改善だけでは全ての原因には対処しきれません。特に男性ホルモン対策は生活習慣の改善だけでは絶対に不可能です。

だからこそ、多くの人が育毛剤を使っているのです。

あなたが真剣に薄毛に悩んでいるのなら、1日でも早く育毛剤の力を借りるべきなのです。

薄毛治療は時間との戦いとも言われます。

治療が遅くなればなるほど、薄毛が治る可能性もジリジリと下がってしまうのです。

気づいた時には手遅れになり、もはやカツラで隠す選択肢しか残っていないということにもなりかねません。

1日でも早く、信頼のおける育毛剤で治療を開始しましょう!

2018年の売れ筋|おすすめ育毛剤ランキング

チャップアップ
4.7点 / 5点
1本5,980円〜(約一か月分)
イクオス
4.3点 / 5点
1本5,980円〜(約一か月分)
フィンジア
4.2点 / 5点
1本9,980円〜(約一か月分)
ボストン スカルプエッセンス
4点 / 5点
1本6,600円〜(約一か月分)
プランテル
3.9点 / 5点
1本6,980円〜(約一か月分)