もう若ハゲに耐える必要も諦める必要もない。完全に治すことができる。

2017年2月1日

数あるコンプレックスの中で、若ハゲはもっとも辛い部類のひとつだと思います。私がまさにそうでした。自分が若ハゲであると自覚しても、どうしても受け入れることができないのです。

受け入れられない、というのは少し違うかもしれません。受け入れてはいても、どうやっても慣れることができない、と言い換えるべきなのかもしれません。

生え際や頭頂部など部位によらず、若ハゲの苦しみは平等につらいものです。

私なんかは育毛の知識がなかった頃、洗面所で父親が使っていた育毛剤を頭に塗ってみたりしたりして、何となく濃くなったような、そうでもないような、前よりも薄くなったような、そんなどうしようもない観察をずっと続けていました。

実際にはただ薄くなっていただけなんですが、ひとたび『薄くなってきてる・・・若ハゲかもしれない・・・』と思い始めたが最後、どんな瞬間でも自分の頭を気にしてしまうのが、若ハゲです。

もっと大人なら・・・せめて40代になっていれば受け入れられるかもしれないのに・・・と思ったことは数知れず、それでも若ハゲというのは青春時代から容赦なくロマンスを奪い去ってしまいます。

気にしているのは自分だけなのか?周りのみんなもわかっているのか?

若ハゲにとってこれはとても重要な分岐点です。自分だけが若ハゲかもしれない・・・と思っているだけなら単なる思いすごしの場合もあるでしょうが、周りからこっそり若ハゲ認定されてしまっているとしたら、こんなに恐ろしいことはありません。

でも、誰が周りにいる人に聞くことができますか?少なくとも私には無理でした。たとえ力を振り絞って『俺、ハゲてないよね?大丈夫だよね?』って聞くことができたとしても、果たしてどういう答えが返ってくれば満足できるのでしょうか。

やはり若ハゲには主観的なイメージだけで立ち向かうのには無理があるのです。自分が若ハゲであるかどうかの客観的な証拠を手に入れる必要があります。

AGAという体質である限り、ほぼほぼ間違いなく薄毛は進行しますので、若いうちにAGA専門のクリニックで検査をしてみるのはとても有効です。

AGAスキンクリニック公式サイト

明らかに生え際が後退してきていたり、薄くなっているのがわかったとき

とはいえ、『もうこれは誰がどう見ても若ハゲだ。』と思ったら、その認識した瞬間が人生の分岐点といえるかもしれません。というのは、多くの場合、ここで

  • ①諦める
  • ②苦しみに耐え続ける(諦めてはいないが積極的にあがくこともしない)
  • ③なんとかあがいてみる

この3つの方法をとることになるからです。

特に若ハゲの人の場合、『10代や20代でここまでハゲたんだ、30代になったら一本も残ってないんじゃないのか・・・』なんていう風に絶望的に考えがちなので、それならまだ人によっては①諦めるを選択してしまうのもうなずけます。

しかし私は、自分が若ハゲである事実を受け入れ、回復をきっぱり諦めることができるのなら、それはそれで良いことだと思えるのです。結局のところ、ハゲや薄毛というのは本人の自意識の問題でしかないからです。病気と違って生活に支障はありませんし、周りからの認識だっていずれは慣れます。

ですが、②苦しみに耐え続ける(諦めてはいないが積極的にあがくこともしない)を選択してしまうと、日々なんとなーく見て見ぬふりをして過ごしていながらも、風呂に入ったときなど、ふとした瞬間にとてつもないショックに襲われてしまう、なんてことが起こります。

諦めることができればまだマシですが、ただ苦しみに耐えるだけの②番が一番苦しい道だと私は思います。AGAによる若ハゲの場合、②苦しみに耐え続けるという選択肢は最悪手でしょう。

では③なんとかあがいてみるですが、AGAによる若ハゲの場合、何とかなる可能性が高いんです。

自分で育毛剤を選ぶと、失敗する可能性がたかい

若ハゲにあがくと言っても、ただ闇雲に思いつきで行動しているだけでは何の意味もありません。というか恐れずに最初に言っておきたいのは、ネットで育毛剤を買っても毛は生えないということです。

語弊はありますが、どういうことかといいますと、ミノキシジルやプロペシアなど、いわゆる育毛剤の王様と言っても過言ではない薬品があります。ところが、たとえばミノキシジルの場合だと、頭頂部には効果があるが生え際には効果なし、などのデメリットがあります。

というか、生え際の場合、効果のある育毛剤はまだありません。

おびただしいほどの種類の育毛剤がある中で、自分のAGAのタイプに合致したものでなければ、はっきりいってまともな効果は出ないと言えるでしょう。

風邪薬をイメージするとわかりやすいのですが、薬局で買ってきた風邪薬が『ものすごく効く』ということはありませんが、病院でドクターから処方してもらった薬だと、薬の名前こそ複雑で覚えられないものの、驚くほど早く効果が出ますよね。あれと同じです。

それでも、なんでもかんでも試せるほど金銭的余裕があれば、まだ試す価値アリなのでしょうが、育毛剤はとても高価です。それも、ずっと使い続けていくとなると恐ろしく値段が膨れ上がっていくでしょう。

ならどうするか?自分にピンポイントで合った育毛剤を知るために、できるだけ早い段階でAGAの専門クリニックで処方してもらうのが一番良いでしょう。

育毛剤には『飲む』『塗る』の他に、『注入する』というものがある

ただ飲んだり塗ったりするだけの育毛剤なら、手に入ってしまえばこっちのもの!と思われがちですね。どれだけ高価なものであれ、自分自身で治療できるわけですから。

通常塗るタイプの育毛剤は頭皮に付着してからどんどん浸透していくのですが、その有効成分のほとんどが汗と一緒に流れてしまってしまいます。どれだけ効果の高い育毛剤であっても、ほとんど吸収されずに終わってしまっては意味がありません。

一方、飲むタイプの育毛剤の場合、胃や腸で吸収されてから、肝心の頭皮に栄養が行き渡るのに、長い時間がかかります。それに加え、頭皮だけに効果が出るはずもなく、たとえばミノキシジルですと、血行を良くすることで頭髪を活性化させることができますが、どうしても副作用とは向き合わなくてはなりません。

即効性がなく副作用のある内服薬と、即効性はあっても効果の薄い塗るタイプの育毛剤。どうでしょうか。

ところが、飲む・塗るタイプに加え、最近では『注入する』という方法がとても流行ってきています。

これは、AGAスキンクリニックルネッサンスクリニックなどでも受けることができ、育毛メソセラピーなどと呼ばれている方法で、高い効果のある薬を、頭皮の下に直接注入し、薬成分を頭皮下に『封じ込める』方法です。

とても高い効果が確認されており、取り入れていっているクリニックの数もうなぎのぼりです。この育毛メソセラピーは、シャンプーをしても流れていきませんし、内服薬とは違って他の体の部位への影響は最小限です。

痛みもほとんど無く、植毛のような手術も必要とせずに、人によっては植毛と同等の効果を発揮するわけですから、現代のAGA治療ではこの手法はたいへん重宝されています。

自分でメソセラピーをすることはできない

メソセラピーは育毛剤成分を頭皮に直接注入するため、家で自分でおこなうことはもちろんできません。

ただ、メソセラピーは数分〜30分程度で終わるのに加え、人によっては数回施術しただけで満足のいく効果を得ることができるのです。満足がいけばその時点で治療を終了すればいいだけです。

一回のメソセラピーで数万円程度はかかりますが、数回で効果が出ることがわかっていますので、効果の薄い市販の育毛剤をがむしゃらに塗り続けるよりは、コスパも遥かに高いといえるでしょう。

さらに、自分のAGAのタイプに一番効果の高い栄養分や育毛剤成分、それに最近では再生医療で利用される成分を注入してくれるAGAスキンクリニックがありますので、メソセラピーに興味があれば迷う必要はないでしょう。

AGAスキンクリニック公式サイト

すでに毛根が死んでいても、再生医療で回復する可能性がある

これは、幹細胞再生医療というものです。

幹細胞とは再生医療の最先端で利用されていて、細胞を再生させる能力をもっています。これを頭皮の下に直接注入することで、薄くなった頭髪を再び強く太く生やすことができるわけです。

育毛剤とは比べ物にならないほどピンポイントで効果の高い薬品を、『塗る』のではなく『頭皮の下に直接封じ込める』わけですから、人によっては自毛植毛クラスの効果を発現させることもあります。

育毛メソセラピーは開発されて日の浅い方法です。痛くもほとんどなく、しかも周りにバレるようなことなく高い効果を得られるので、塗ったり飲んだりするしかできなかったAGA治療の中では、ひときわ高い人気を誇っています。

開発されてまだ日が浅いことに加え、メソセラピーを導入しているクリニックはあまり多くはありませんが、AGAスキンクリニックでは、幹細胞再生医療を取り入れたメソセラピーを導入しているので、メソセラピーに興味がある人は今一番オススメのクリニックといえるでしょう。

AGAスキンクリニックは沖縄を含む全ての地方で展開していますよ。

AGAの病院おすすめランキング
AGAかんたんチェック

この図の中に赤い線が2本あります。左の赤線は生え際の”一番カド”です。右の赤線は、耳の穴(耳孔)です。そして2本の赤線の...

スポンサーリンク

AGAは、早く対処をすれば必ず治ります。
でも気づかないフリをしていると、AGAは必ずあなたをハゲにします・・・