ひと目でわかるAGA

まずは以下の図をご覧下さい。

この図の中に赤い線が2本あります。

左の赤線は生え際の”一番カド”です。右の赤線は、耳の穴(耳孔)です。そして2本の赤線の距離が3cmよりも短いなら、AGAの可能性が高いです。

そもそもAGAとは

AGA(男性型脱毛症)とは、その名の通り男性の脱毛症状のことをいいます。注意したいのは、ハゲや薄毛がAGAという言葉にただ置き換えられたわけではない、という点です。

わかりやすい例として、たとえば体質として太りやすいけれど、今現時点では(ダイエットのおかげで)痩せている人をイメージしてみてください。ダイエットをしなければ太ってしまう彼らですが、パッと見ただけで彼らのそういう体質まではわかりませんよね。

太りやすいというだけで、デブだと判断することはできません。

AGAと薄毛の関係もこれと同じなのです。現時点で薄毛でなくても、体質がAGAである限り、放置しておけば薄毛になってしまうわけです。

AGAの仕組み

『ハゲが遺伝する』という見方がありますが、実はハゲの遺伝など存在しません。

実際に遺伝しているのは、5αリダクターゼという酵素の分泌量です。この分泌量が多い人はハゲやすいのです。

少し専門的な話にはなりますが、男性ホルモンの一種であるテストステロンという物質があります。このテストステロンは悪い物質ではありません。筋トレなどを行うと分泌される、男性ホルモン特有のものです。

そしてテストステロンと5αリダクターゼが結合すると、ジヒドロテストステロン(DHT)という悪魔の物質を作り出してしまいます。

男性ホルモンがハゲる原因という説は、半分ウソで半分本当というわけです。5αリダクターゼを分泌しない人は、どれだけ男性ホルモン量が多くてもハゲないのです。

ジヒドロテストステロン=
5αリダクターゼ(遺伝) + テストステロン(男性ホルモン)

化学式のようで拒絶反応を起こした方も少なくないのではないでしょうか?

ですが簡単なのでよく見てみて下さい。これがAGAの正体です。

AGAの症状

AGAは前頭部(生え際)や頭頂部で進行します。具体的には、髪の毛がどんどん細くなっていく『ミニチュア化』という現象が問題なのです。

通常、髪の毛には5年〜7年の成長期に対して、半年程度の”休止期”で髪の毛が抜け落ちるという2つの期間を繰り返していきます。

休止期を終えると再び毛は生えてくるのですが、『ミニチュア化』が進むことで、生えてくる毛がどんどん細く弱々しくなっていきます。

抜けて無くなるというのではなく、徐々に細くなっていくわけですね。毛の本数自体はさほど変わらなくても、じわりじわりと毛が細くなっていくため、なかなか気づきにくいのがAGAの厄介なところです。

そして『ボリュームが減ったなぁ〜』と見た目にも現れはじめた時点で、かなりAGAは進行しているケースが多いのです。

7〜8割以上のAGAは、生え際がどんどん上がってくるタイプ

もちろん、残りの2割、つまり頭頂部が薄くなっていくだけのパターンの人については、さきほどの図では判断することができません。ですが、少なくともさきほどの図で当てはまっていれば、ほぼ間違いなくAGAだと言えます。

AGAの症状としては他に、

  • ・頭皮の脂が多く、指で触るとギトギトしている
  • ・抜け毛の量が急に増えた
  • ・寝癖がついたりすると頭皮が痛い
  • ・分け目など、頭皮が赤い
  • ・抜けた毛の毛根(毛包)部分がとても細い

こういったものがあります。

放置しておくと必ず進行するのがAGA

よく『すこし落ち着いた』なんて表現がありますが、ことAGAに限ってそれはありません。放置しておくとどんどん禿げ上がっていきます。

最優先にやるべきことは、AGA検査です。

家でウジウジ悩んでいるのではなく、まずは勇気をふりしぼってAGA検査に行きましょう。きっと安心できますよ。

AGA検査といっても、血液検査でほとんどのことがわかりますので安心です。

AGA検査で何がわかるのか

AGAには種類がたくさんあります。生え際、頭頂部など薄毛の部位もそうですが、なぜ薄毛になっているのか?については人それぞれ別の要因があります。

そして原因が違うと、治療薬もまったく違ってきます。

たとえば、ミノキシジルやフィナステリドなどは育毛剤の王様といっても過言ではありませんが、これらは全く違う成分なのです。

ミノキシジルは毛細血管の拡張、そしてフィナステリドはおなじみ5αリダクターゼの抑制と、別のアプローチで薄毛を改善する薬ですが、これらはAGA治療の中ではほんの一部にすぎません。

適当に評判の良さそうな育毛剤をネットで購入して闇雲に塗りたぐっていても、ほとんど何の効果もないのはこのためですね。

AGA検査は、自分のAGAのタイプを知りつつ、どの薬がピンポイントで効くのかを知るためにもとても大切なのです。

AGA治療をするならAGAスキンクリニックが一番おすすめ

AGAスキンクリニックはAGA専門治療のパイオニア的存在です。Gacktさんが出演しているCMをご存じの方も多いのではないでしょうか。

全国どのエリアにもクリニックがある

北海道から沖縄まで、どのエリアにもAGAスキンクリニックはあります。AGAのコンビニといっても過言ではないほど信頼度が高いですので、わざわざ他のマイナーなクリニックに行く理由はないでしょう。

月4,200円から治療ができる

治療といっても、ほとんどのケースで投薬治療のみで完了します。

1ヶ月〜3ヶ月経過で、抜け毛が減ってきます。

3ヶ月〜4ヶ月経過で産毛が太くなり、伸び始めます。

そして驚くべきことに、4ヶ月から6ヶ月経過すると、99.4%以上のケースで発毛が確認されています。第一印象に変化が出るタイミングですね。

AGA治療の良いところは、満足したらやめられるところ

十分だ、と感じたら行くのをやめればいいわけです。

ダイエットと同じで、やり続ける必要はありません。自分自身がどこまでやれば、どれだけの結果を得られるのかを把握しておくことこそが大切なのです。

もちろん不安な方はずっと続けるのもアリでしょうが、まずは半年試してみるのが良いでしょう。増毛などとはワケが違いますよ。

『この人薄毛じゃないのに』という人でも、予防のためにAGAクリニックに行く時代

昔は『ハゲ=絶対に治らない』ものでした。これはデブとは違うところですよね。治らないわけですから。

ところがAGA治療の出現によって、『ハゲ=治療可能なもの=予防できるもの』というパラダイムシフトが起きたわけです。

家でウジウジ悩んだ挙句、ネットで変な育毛剤を買っている人は、このことを知りません。ネットで育毛剤を買うと1万円以上するケースがほとんどですが、効果のほどは不明です。

一方、AGAスキンクリニックでは、自身のAGAの症状にピンポイントに効く薬を処方してもらえる上に、月4,200円で済むわけですから、比べるまでもないですね。

さぁ勇気を出してAGAスキンクリニックへGO!

行ってみれば、『なーんだ』で終わる話なんですよ。家でコソコソ悩んでいるほど無駄な時間はありません。

ハゲの恐怖は尋常ではありませんからね。見た目だけでなく精神的にもどんどん悪い状態にはまっていく人もたくさんいます。

私の場合、10代に発症した若ハゲに始まり、大学、社会人、40代、50代と未来を考えているうちに、絶望のスパイラルに陥っていました。

そして治療が進むにつれ、もう無用な心配をしなくていいんだと気づいた時、救われたというよりもホッとしたのを覚えています。

それほど、ハゲの悩みを克服できたときは自信に繋がりますよ。

AGAスキンクリニック公式サイト AGAの病院おすすめランキング
AGAかんたんチェック

この図の中に赤い線が2本あります。左の赤線は生え際の”一番カド”です。右の赤線は、耳の穴(耳孔)です。そして2本の赤線の...

AGAは、早く対処をすれば必ず治ります。
でも気づかないフリをしていると、AGAは必ずあなたをハゲにします・・・