食べ物を変えても、発毛にも育毛にもほとんど無意味ですよ。

2017年2月8日

よく、髪に良い食べ物はコレ!なんていうサイトやCMがありますよね。

例えば大豆に含まれているイソフラボンや、唐辛子のカプサイシン、あとは亜鉛などでしょう。これらの成分が含まれていることをウリにしたサプリもたくさん販売されていますので、食事が適当になっている人でも、効率よく摂取することもできます。

これは育毛に気遣い始めたばかりの人がよく陥りがちなのですが、ハッキリ申し上げますと、肝心の育毛・発毛には何の効果もありません。

髪の毛の大部分はタンパク質でできているが・・・

ご存知のとおり、髪の毛の大部分はタンパク質でできています。タンパク質というと、肉や大豆に含まれている成分で、筋トレ愛好家が好んで飲用しているプロテインの主成分にもなっています。

つまり、人間の筋肉も髪の毛と同じタンパク質でできていることになりますが、では毎日大量のタンパク質をとれば、育毛・発毛するということになるのでしょうか。

答えはNOです。まずタンパク質を口から摂取しても、栄養素として分解・吸収されるまでにはかなりの時間がかかります。そのうえ、頭皮・頭髪だけに効率よくタンパク質を届けられるはずがありません。

カプサイシンや亜鉛でも同じことです。

育毛・発毛に焦るがあまり、唐辛子に含まれるカプサイシンが良い!と聞いて、食事に大量の一味唐辛子を振りかけるような人もいるようですが、やめましょう。目に見えるような効果はゼロですし、胃腸を痛めるだけです。

例えをしてみましょう。目が悪い人には、プルーンやシジミが良いといわれていますが、既に視力が0.1未満の近視の人が、大量のプルーン・シジミを摂取してみたら、どうでしょうか。もちろん臨床データなどないですが、1.0以上に回復することが絶対に有り得ないということは普通に考えれば当然の結果だと言えるでしょう。

そして視力の悪い人にとって、『視力を良くする』というのは、視力を0.01上げることではなく、1.0以上に戻して初めて意味を成すはずです。そのためにレーシック手術などがあるわけですね。

育毛・発毛もこれと同じことが当てはまります。

結局のところ、どんな栄養素も『なんとなーく髪に良いらしい』レベルのものでしかないんですよ。ですので、それらの食べ物をどれだけたくさん食べていたとしても、AGA(男性型脱毛症)の体質であれば、恐ろしいスピードで髪の毛は失われていきます。

そして髪の毛を失ってはじめて、食べ物が何の意味も成さないということに気づき、強力な育毛剤であるミノキシジルなどを利用する方が多いのです。

ミノキシジルとは

ミノキシジルとは頭皮の血流を大きくすることで、結果的に頭髪に行きわたる栄養素を増やし、強い育毛作用をもたらす成分です。もともとはアメリカで血管を拡張するために開発された薬ですが、毛が濃くなるという副作用が発見されました。

つまり、頭皮に流れる血流量を増やすことができれば、毛は濃くなり生える、ということがいえるわけですね。どれだけたくさんの栄養を摂取したとしても、栄養を運ぶ”道”である血流が弱ければ、頭皮も毛髪も自然に弱っていきます。

恐らくこのページをご覧になっている方は、遺伝的な不安、あるいはすでに弱りゆく髪の毛に不安を感じつつも、まだ大丈夫だろうか等と考えていらっしゃる方がほとんどなのだと思います。

せっかく読んでいただいているので、食べ物ではなく『血流を増やす』ということに主眼を置いて、頭皮運動という新しい選択肢を提案したいと思います。

頭皮運動とは

頭皮マッサージではありません。頭皮マッサージとはむしろ逆のプロセスです。

これはアメリカなどではすでに提唱者も結果を出している方も一定数いるものですが、日本ではなぜかまったく流行っていない方法です。(アメリカでは直訳のままですがScalp Movingと言います。)

簡単に説明しますと、手を使わずに、頭皮を前後に動かし続けることで頭皮に運動させ、結果的に行き渡る栄養を多くする、というものです。

筋トレととても良く似ています。

筋トレの場合、トレーニングによって筋繊維を破壊し、それを修復するためにタンパク質を利用しますよね。これと同じで、頭皮にも運動をさせることで、タンパク質を吸収させるという方法です。

頭皮運動の詳しいやり方については、有料記事ですが頭皮運動のやり方を読んでみて下さい。4000円程するドキュメントですが、ネット上で売っている一本数万円の育毛剤に手を出さなければならないような状況になる前に、正しい方法を身につけてみて下さい。

間違ったやり方をしていても、何の意味もないと思います。

頭皮の皮脂量が激減した

私の場合、頭皮運動に出会う前までは、ギトギトな頭皮に悩まされていました。風呂に入って2,3時間経っただけなのに、指を頭皮にくっつけるともうギトギトになってしまうんですよね。

頭皮運動を正しい方法で続けていると、まずはじめにこのギトギトがなくなりました。

毛がめっちゃ太くなった

排水口についた毛髪を顕微鏡で観察するほど、抜け毛に神経質になっていた私ですが、頭皮運動を始めてからはびっくりするほど毛が太くなりました。

具体的には、排水口に短く細くなった毛を見つけるたびに、『これは生え際の毛だ』とわかるほど生え際の毛髪が弱っていたのですが、毛が太くなったせいでどの部分の毛髪なのかすらわからなくなりましたよ。

頭皮の赤みと痛みが消えた

頭皮が炎症を起こしていたのでしょうか?ハゲる前兆なのか何なのかわかりませんが、抜け毛の多かった生え際付近が、とても赤かったんですよ。

しかも、そこに寝癖がつくと、とても痛い。前髪だけが、常に引っ張られているような感触があり、正体不明のままでしたが、頭皮運動を始めると嘘のようにこれがなくなりました。

数え切れないほどのメリットの多い頭皮運動
でもやり方を間違えていたり、続けられなければ無意味

薄毛にならない生活習慣と聞いて、どんなものを想像しますか?おおよそ、

  • ①シャンプーのとき強く洗いすぎない
  • ②禁煙・禁酒
  • ③オナ禁
  • ④頭部をあまり冷やさない
  • ⑤大豆などの植物性のタンパク質を摂取する
  • ⑥ストレスを溜めすぎない
  • ⑦適度な運動

こんなところでしょうか。なんだか、自分の生活習慣が悪かったから薄毛になったのだ!と言われているようで、こういう表を見ると不快感を感じてしまうのは私だけでしょうか。笑

正直な気持ちとして、頭皮運動はこの表の中で、これらと同じ分類でありながら、ダントツで効果のある方法だと思います。もしもAGAだとしたら、の話ですが。

最近はAGAは完治できるようになったのに、いざAGAだと診断されるのが怖くてクリニックに行けないという人も多いようですが、そんな人は試してみて損はないと思いますよ。亜鉛の過剰摂取で肝臓障害を起こす前に、頭皮を動かしましょう(笑)

noteで頭皮運動の記事を読む AGAの病院おすすめランキング
AGAかんたんチェック

この図の中に赤い線が2本あります。左の赤線は生え際の”一番カド”です。右の赤線は、耳の穴(耳孔)です。そして2本の赤線の...

スポンサーリンク

AGAは、早く対処をすれば必ず治ります。
でも気づかないフリをしていると、AGAは必ずあなたをハゲにします・・・