若ハゲの苦しみは人によって全く違う。中でも最も苦しむ3パターン

2017年2月8日

一概にハゲ・薄毛といっても、その年齢・職業・薄毛の箇所などによって、いわゆる『落ち込みレベル』がまったく違います。

例えば、70歳を過ぎたおじいさんの頭が薄くなるのと、18歳の高校生の前髪がM字型に禿げ上がってくるのとでは、本人が受ける精神的ダメージの大きさには天と地ほどの差があるのは当然ですよね。

そこで、どういう理由でハゲによる精神的なダメージが深刻になるのかについて、じっくりと考察してみました。

①若ければ若いほど、ハゲによる精神的ダメージは甚大

小中高大そして社会人という5段階のステップを考えてみると、思春期を過ぎた頃あたりがピークでしょう。私の場合などは、高校生の頃に周りから薄毛を指摘されて、引きこもるほど落ち込んだ経験があります。

ですが、大学に入ってからはどんどん自分のハゲに慣れてきたこともあり、(決して受け入れたわけではありません)引きこもるようなことは無くなったと思います。

一般的に10代でもAGAによる薄毛が進行しますので、当然中学や高校でハゲる人もいますが、大人になるに連れてその苦しみは徐々に慣れていくという見方もできます。

いずれにしても、若い頃にハゲになった人というのは、ハゲでない人には想像もつかないほどの恐怖と苦しみを体験します。なので、もし自分がハゲるかも?という恐怖心に駆られても、自分よりも明らかにハゲが進行している人をハゲを理由にいじるのは絶対にやめて下さい。

そして『アイツ、ハゲてない?笑』なんていうことを、やたら頻繁にまくし立てるタイプの人の頭をじっくりと見てみて下さい。半分以上の確立で、彼もまた頭部に問題を抱えているはずです。

②運動が得意な人ほどハゲに苦しむ

ハゲになると、部活動やサークル活動などでよく体を動かす方などは本当に苦しみます。理由は汗をかくとハゲと認識されやすくなるからですね。

運動をしていると、それが野外であれ屋内であれ、汗によって髪の毛が濡れる可能性は高まります。運動をしさえしなければ、髪型で何とでも誤魔化せてしまうことができても、激しい運動をすると化けの皮が剥がれてしまいます。

特に、これまで運動を一番の得意にしてきた人がハゲると、突然運動をやめてしまう可能性も高く、心身ともに一気に不健康になってしまいます。

③イケメンであればあるほどハゲを受け入れられない

よく『イケメンのハゲはメシウマwwwww』なんてスレッドが2chで立ったりするわけですが、これは間違いないでしょう。

伊野尾慧さんや中島健人さんなど、とてもイケメンでかっこいい彼らが、『伊野尾慧 ハゲ』などと調べると、見るも無残な画像がずらりと並びますね。そしてその写真のほとんどが、ハゲを恥じらっているように映るわけです。

『ハゲたらスキンヘッドにするわ〜』なんて言葉は、一般の方であれば言えたとしても(実行はどうせできないのですが)、アイドルは口が裂けても言えないですよね。日本のアイドルは『アイドルはハゲない』という押し付けに耐えていかなければなりません。

イケメンがハゲるから辛いのではなく、イケメンがハゲを隠し続けなければいけないことこそが、辛さの正体

本人がどれだけハゲ頭を公表したがっていたとしても、隠し続けなければならない立場というのはものすごい重圧を押し付けているに違いありません。

ハゲとは、イケメンからイケメンたる自信すら奪い去ってしまう程のマイナスパワーを持っています。

事務所のパワーも利用することのできる芸能人ですらハゲを治せないのなら、一般人である自分がハゲを防げるわけがない?

それは違います。

確かにジャニーズなど大手事務所に所属するタレントですら、ハゲを治せていない人はいます。ですが、かつて生え際が壊滅的だったISSAさんやサッカー選手の岡崎選手など、ウソのように綺麗にハゲを回復させている人もたくさんいるという事実に目を向けてください。

現代には最終兵器であるところの『自毛植毛』があります。自毛植毛を受ければ、必ずハゲを治療することができます。

にも関わらず、『大金持ちのソフトバンクの孫社長はハゲたままじゃないか!やはり金をいくらかけてもハゲは治せないんだ!』という人が一定数いるのには、正直目を疑ってしまいたくなります。彼は治せないのではなく、ただ治していないだけです。

同じように、伊野尾慧さんなど若ハゲイケメンがハゲを治療していないのは、恐らく彼自身がまだハゲと向き合いきれていないからでしょうね。周囲やネット上でハゲだと認定されていても、どうしても受け入れきれていないのでしょう。悲しいことですが、必死に自分はハゲではない、ただおでこが広いだけだと暗示をかけようとしているのかもしれませんね。

自分がハゲてきている、という認識をどれだけ早い段階で持てるかが、ハゲる・ハゲないの分かれ目

AGAを放置して、そのままハゲずに済んだ人はいません。ハゲは進行し続けます。

そして、治療の判断が早ければ早いほど、安く短期間で治療を完了させることができるのです。最近では投薬治療に加え、育毛メソセラピーや幹細胞再生医療などが流行っていますが、ハゲになるかならないの早い段階でAGA治療院に行くことができれば、それから先の人生が大きく変わってきます。

放置が一番まずいですよ。

とにかく気づいた瞬間をラッキーだと考えることが大切です。自分はこれ以上ハゲなくて済んだのだ、と。そこでGacktさんもCM出演しているAGAスキンクリニックでまずはAGAかどうかを検査してみることをおすすめします。

気づくのが早ければ早いほど、安価にハゲの進行を停止させることができますよ。

AGAスキンクリニック公式サイト AGAの病院おすすめランキング
AGAかんたんチェック

この図の中に赤い線が2本あります。左の赤線は生え際の”一番カド”です。右の赤線は、耳の穴(耳孔)です。そして2本の赤線の...

スポンサーリンク

AGAは、早く対処をすれば必ず治ります。
でも気づかないフリをしていると、AGAは必ずあなたをハゲにします・・・